ホーム > DBJ News > 2018年03月 > [[News]]芙蓉総合リース(株)に対し、 「DBJ環境...

DBJ News

2018年03月29日

[[News]]芙蓉総合リース(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-7年連続で最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、芙蓉総合リース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:辻田泰徳、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという世界で初めての融資メニューです。

 当社は、「リース事業を通じて企業活動をサポートし、社会の発展に貢献する」という経営理念を掲げ、その実践に向けて本業と一体的な環境経営を推進すると共に、具体的な取り組みや成果について積極的かつ継続的に情報開示を実施しています。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)中期経営計画の見直しにあわせ、経営層による協議を経て重要課題およびKPIの見直しを実施し、環境側面のみならず社会性項目にもまたがる広範な重要課題を抽出している点
(2)「PC Eco&Valueリース」の提案に際して、サービスの利用によるコスト面での負担減に加えてリユースによるライフサイクルでの環境負荷低減効果を発信することで顧客の環境配慮への意識を高めている点
(3)従前深川テクニカルセンターに置いていた機能を東京3Rセンターへ集約することで、リース・レンタル終了物件の発送業務にかかる合理化および物流の一本化による環境負荷低減を実現している点

 その結果、当社は「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。 


【お問い合わせ先】
   金融法人部 電話番号 03-3244-0020

ページ先頭

ページトップへ