ホーム > DBJ News > 2018年03月 > みなとみらい二十一熱供給(株)に対し、「DBJ環境格付」に基...

DBJ News

2018年03月30日 News

みなとみらい二十一熱供給(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-6年連続の格付取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、みなとみらい二十一熱供給株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:髙橋和也、以下「当社」という。)に対し、6年連続となる「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」融資はDBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという世界で初めての融資メニューです。

 当社は、みなとみらい21地区の優れた街づくりを環境面で支えることを目的に、冷暖房および給湯等に利用する冷水・蒸気をプラントにて一元的に製造し供給を行う熱供給事業者です。熱源設備の外部共用化により、集中・効率的に管理する地域熱供給システムの運営を通して、同地区の環境負荷低減や安全・快適な街づくりに貢献しています。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

 (1)事業面と環境面とを統合した社内横断での事業分析を高頻度で実施することにより業務の継続的改善を行っている点
 (2)「顧客への安定的な供給」、「環境・防災側面の強化」を自社およびみなとみらい地区全体に係る課題として認識し、事業継続計画を策定するなど、ハード・ソフトの両面から防災力の向上を図っている点
 (3)建築物省エネ法の改正にともない、個別の建物の特性に合わせた効率評価が可能なデータ提供が社会的に求められているなか、斯業界において先駆的に冷熱・温熱別エネルギー消費効率実績を算出、公表している点

 その結果、当社は「環境への配慮に対する取り組みが十分」という格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   都市開発部 電話番号 03-3244-1714

ページ先頭

ページトップへ