ホーム > DBJ News > 2019年08月 > 久留米運送(株)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を...

DBJ News

2019年08月30日 News

久留米運送(株)に対し、
「地域元気プログラム」に基づく融資を実施
-4年連続で地域元気プログラム対象企業として認定-

 株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、久留米運送株式会社(本社:福岡県久留米市、代表取締役CEO:二又茂明、以下「当社」という。)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

 「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。九州支店では、「独自の成長戦略を有する地場企業の競争力強化」をテーマのひとつとして、北部九州エリアの企業に対して、情報面・資金面でのサポートに取り組んでいます。

 当社は、福岡県久留米市に本社を置き、特別積合せ貨物運送事業*1を柱として、九州を中心に全国64箇所の営業所、15拠点の流通センターを有する九州地区有数の総合物流企業です。『安全は全てに優先する』をモットーに、「物流システムの高度化」「輸送品質の向上」「サービスの徹底」を目指し、顧客のあらゆるニーズに応えるロジスティクスを展開しています。

 本件は、当社が九州域内に限らず域外エリアの拠点整備を積極的に行うことで自社輸配送網のより一層の拡充に取り組むことに加えて、全国各地域の地場有力運送会社と提携することで更なる「独自の全国輸配送システム」の拡充および輸送効率化に取り組んでいる点や、多様化するニーズの中、「3PL(3rd Party Logistics)*2」をはじめ顧客に最適な物流戦略を提案することで、企業のコスト削減や顧客サービスの向上、環境負荷低減の観点からも物流全体の最適化・効率化の実現に大きく貢献している点などを評価し、「地域元気プログラム」の対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後も地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

*1  特別積合せ貨物運送事業とは、1台のトラックに多数の荷主の小口貨物を積み合せて、旧来の「営業区域」間を幹線輸送する事業です。不特定多数の乗客を乗せる乗合バス(路線バス)と同じであることから、かつては「路線」と呼ばれており、現在では、「特積み」と呼ばれています。

*2  3PL(3rd Party Logistics:サードパーティ・ロジスティクス)とは、荷主の既存の物流業者とは別の第三者である物流業者が、物流コンサルタント機能や物流情報システムの提供を通じ、物流の効率化・物流コスト削減など、荷主のサプライチェーンマネジメントを共通目標に、物流業務を一括して受託することです。


【お問い合わせ先】
     日本政策投資銀行 九州支店 電話番号 092-741-7734

ページ先頭

ページトップへ