ホーム > DBJ News > 2019年09月 > (株)奄美大島開運酒造に対し、「地域元気プログラム」に基づく...

DBJ News

2019年09月30日 News

(株)奄美大島開運酒造に対し、
「地域元気プログラム」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、株式会社奄美大島開運酒造(本社:鹿児島県大島郡宇検村、代表取締役社長:渡慶彦、以下「当社」という。)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

 「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。南九州支店では、「南九州『食、健康、環境・エネルギー』先進地域化プロジェクト」をテーマに、鹿児島県および宮崎県の企業に対して、情報面・資金面でのサポートに取り組んでいます。

 当社は、奄美大島の最高峰湯湾岳の良質な水を使用し、奄美群島を代表する黒糖焼酎である「れんと」等を製造する焼酎メーカーです。奄美群島のみならず、関東・関西をはじめとする都市圏での積極展開を行い黒糖焼酎の認知度向上を図るほか、製造工程で生じる蒸留残液を活用して発酵クエン酸飲料およびゼリー等の新商品を開発するなど、環境に配慮したさまざまな取り組みを実践しています。

 本件は、当社のこうした取り組みが、奄美群島を象徴する地域産品である黒糖焼酎の普及推進に貢献している点を評価し、「地域元気プログラム」の対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後も地域の成長に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

お問い合わせ先

日本政策投資銀行 南九州支店
電話番号 099-226-2666

ページ先頭

ページトップへ