ホーム > DBJ News > 2019年11月 > (株)トリドールホールディングスに対し、「永久劣後特約付ロー...

DBJ News

2019年11月07日 News

(株)トリドールホールディングスに対し、
「永久劣後特約付ローン」の提供による財務基盤強化支援
―当社の成長投資を資金面からサポート―

 株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、株式会社トリドールホールディングス(本社:東京都渋谷区、:代表取締役社長兼CEO:粟田貴也、以下「当社」という。)に対し、永久劣後特約付ローン(注)の活用により、資金面からサポートすることを決定致しました。

 当社は、セルフ式うどん業界において高いブランド力とトップシェアを誇る『丸亀製麺』を中核とする大手外食グループです。同ブランドで培ったノウハウ等を活用し、"Finding New Value. Simply For Your Pleasure."という経営理念の下、国内外で多様な外食事業を展開しております。

 今般調達する資金は、主力の『丸亀製麺』をはじめとする既存ブランドの競争力を強化し、当社の持続的成長につなげるための投資資金に充当され、また、国際会計基準(IFRS)における当社連結財務諸表上資本に計上されることから、当社の財務基盤の安定性向上につながるものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後とも成長資金に係る市場の発展や地域経済の活性化、競争力強化、に向けたお客さまの取り組みを積極的に支援してまいります。

 (注)永久劣後特約付ローン
 資本と負債の中間的な性質を有するファイナンス手法。メザニンファイナンスの一種であり、連結決算(IFRS)における資本性金融商品に分類され、資本に計上されるなど、株式の希薄化なしに財務構成比率を改善し、財務の安定性を高めるメリットがある。


【お問い合わせ先】
   関西支店 企画調査課 電話番号 06-4706-6455


ページ先頭

ページトップへ