ホーム > DBJ News > 2019年12月 > (一社)渋谷駅前エリアマネジメントに対し、渋谷駅東口地下広場...

DBJ News

2019年12月26日 News

(一社)渋谷駅前エリアマネジメントに対し、
渋谷駅東口地下広場整備にかかる融資を実施
-エリアマネジメント団体の先進的な取り組みに対する融資-

株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、一般社団法人渋谷駅前エリアマネジメント(本社:東京都渋谷区、代表理事:東浦亮典、以下「当法人」という。)に対し、渋谷駅東口地下広場の整備にかかる融資を実施しました。

エリアマネジメントとは、周辺住民や企業等の民間が中心となり、特定のエリアの価値向上につながるような活動を行う、新たなまちづくりの取り組みです。当法人は、渋谷を「世界に開かれた生活文化の発信拠点」とすべく、渋谷駅前の公共空間を活用した事業で街の賑わいを創出しつつ、同事業で得た収益をもとに情報発信や清掃活動等のまちづくり活動を推進しています。

本件は、渋谷の新たな玄関口として誕生した渋谷駅東口地下広場において、観光案内付カフェ等の賑わい施設の設置や、「空間ジャック」と呼ばれる同広場内での一体的な情報発信等、革新的なエリアマネジメントの取り組みを支援するものです。また、エリアマネジメント団体が資金調達を行った上で事業投資を行う本件スキームも同業態において先進的な取り組みです。

DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、持続可能なエリアマネジメント活動に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
    都市開発部 電話番号 03-3244-1710

ページ先頭

ページトップへ