ホーム > DBJ News > 2020年04月 > くまもと復興応援ファンドにおける新型コロナウイルス等への対応...

DBJ News

2020年04月01日 News

くまもと復興応援ファンド
における新型コロナウイルス等への対応
-投融資対象を拡大-

株式会社肥後銀行
株式会社鹿児島銀行
株式会社日本政策投資銀行

 九州フィナンシャルグループ傘下の株式会社肥後銀行(取締役頭取:笠原慶久、以下「肥後銀行」という。)、株式会社鹿児島銀行(取締役頭取:松山澄寛、以下「鹿児島銀行」という。)および株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、2016年7月に設立された「熊本復興応援投資事業有限責任組合」(以下「当ファンド」という。)において、今般の新型コロナウイルス感染症蔓延等による影響を受けた企業への対応を開始します。

 当ファンドは、平成28年熊本地震およびこれに伴う災害からの復旧・復興に資する事業を行う事業者に対して、期限一括返済型ローンや劣後ローン等を活用したリスクマネーを供給することにより、震災地域の早期復旧・復興および再生の支援することを目的とし、2016年7月25日に設立されました。

 本件は、新型コロナウイルス感染症の影響拡大等が地域の発展へ大きな障壁になり得ると考え、当ファンドの投融資対象を拡大することで、より強固な支援の枠組みを整備するものです。

 DBJは、3月30日付で肥後銀行および鹿児島銀行と「災害対策業務協力協定」 (注)を締結しており、今般の新型コロナウイルス感染症などの災害による被害をうけている、または災害対応に資する取組みを行う事業者等に対し、両行との連携を一層深め、円滑な金融仲介機能の発揮につとめてまいります。

(注)本協定は、地域金融機関とDBJの持つそれぞれの機能や特性を活かしながら、災害対策業務において連携を強化することで相乗効果を発揮し、地域経済の発展に寄与、ひいては、わが国社会全体のレジリエンス(持続可能性)向上に資する金融機能を果たしていくことを目的としたものです。


【お問い合わせ先】
    株式会社日本政策投資銀行 九州支店  電話番号 092-741-7737

ページ先頭

ページトップへ