ホーム > DBJ News > 2020年04月 > 昭和電工(株)による日立化成(株)の買収に対し、優先株式の引...

DBJ News

2020年04月27日 News

昭和電工(株)による日立化成(株)の買収に対し、
優先株式の引受・取得を実施
-「特定投資業務」を通じた化学産業の競争力強化-

 株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、昭和電工株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川宏平、以下「昭和電工」という。)により、日立化成株式会社(以下、「日立化成」)の買収を目的に設立されたHC ホールディングス株式会社(以下、
「HC ホールディングス」)の優先株式の引受・取得を実施しました。

 昭和電工グループは、石油化学、化学品、無機、アルミニウム、エレクトロニクス等、様々な分野でグローバルに事業を展開する化学メーカーです。収益性と安定性を高レベルで維持できる個性派事業の連合体である個性派企業を目指し、2019 年から開始された中期経営計画「The TOP 2021」では既存の個性派事業に続く新たな個性派事業群の確立に取り組んでいます。

 昭和電工は、環境変化に対応し、幅広い素材・技術の組合せによる機能の実現とソリューションの提供が可能となるワンストップ型先端材料パートナーとなるべく、HC ホールディングスを通じた日立化成に対する公開買付けを開始しました。

 DBJ は、昭和電工の取り組みが、一層の事業基盤強化に繋がることに加え、化学産業を中心とする我が国産業の競争力強化等に資すると期待されることから、「特定投資業務」を活用して資金面からサポートを行うこととしました。

 DBJ は、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後とも「特定投資業務」を通じた成長資金に係る市場の発展や地域経済の活性化、競争力強化に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

お問い合わせ先

日本政策投資銀行 企業金融第1部
電話番号 03-3244-1680

ページ先頭

ページトップへ