ホーム > DBJ News > 2020年05月 > 危機対応業務の実績について

DBJ News

2020年05月14日 News

危機対応業務の実績について

 株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、2008年10月1日より政府の指定金融機関として危機対応業務を開始しており、内外の金融秩序の混乱、大規模な災害等の事案に対処する資金の供給等を行っております。

 2020年3月19日付で危機認定された「新型コロナウイルス感染症に関する事案」に関する、2020年4月末時点の危機対応業務の実績は、以下の通りです。

(新型コロナウイルス感染症に関する事案)

2020年4月実績
(参考)2020年4月末時点
累計実績
危機対応業務の融資額
630億円 (12件)
656億円 (16件)
(参考)
地域緊急対策プログラムの融資額

247億円 (7件)

368億円 (10件)

※1:危機対応業務の融資額は、(株)日本政策金融公庫よりツーステップ・ローンによる信用の供与を受けたものであり、危機対応業務全体の累計実績は6兆2,817億円(1,165件)。
※2:地域緊急対策プログラムとは、大規模災害等の発生時において、危機対応業務では対応出来ない資金需要に対して資金供給を行う、危機対応業務を補完する当行独自の融資プログラムです。

 DBJは、危機対応業務等を通じて、機動的かつ効果的な資金供給を行うことにより、今後とも企業の資金ニーズに的確に対応してまいります。


【お問い合わせ先】
    経営企画部 広報室 電話番号 03-3244-1180

ページ先頭

ページトップへ