ホーム > 投融資事例 > 地域 > (株)PLANTのケース

(株)PLANTのケース

PLANTは、
(1)ルーラル立地、
(2)衣・食・住に亘る豊富な品揃え(ワンストップショッピング機能)、
(3)ローコスト運営を背景とした低価格戦略(EDLP:EVERY DAY LOW PRICE)、
を特徴とするスーパーセンター(SuC)業態のパイオニア的存在です。同社は一層の効率経営への転換策(PIP作戦:PROFIT INNOVATION PROJECT)によって、持続的な成長を図っています。

DBJは、PLANTから寄せられた新規出店資金のための融資期待に対し、出店後徐々に店舗が地域へ浸透していく事業上の特性等を踏まえ、PLANTが今後も持続的な成長を図るための財務戦略において、長期安定資金の確保が必要と判断。陳腐化が少ない当社の商品在庫(店頭在庫を含む)に着目した融資スキーム(ABL)を構築する事で、PLANTの企業成長の為の長期安定資金の供給を可能にしました。

ページ先頭

ページトップへ