ホーム > 投融資事例 > エネルギー分野 > 日本原燃(株)のケース

日本原燃(株) のケース

日本はエネルギーの少資源国で、その多くを海外からの輸入に頼っています。その中で、原子力発電所で使用した燃料のリサイクルを通じた「準国産エネルギー」の創出は我が国にとって大きな課題となっています。
日本原燃は、原子力発電所で使用した燃料のリサイクルなどを行うことを目的に設立された会社で、ウラン濃縮、低レベル放射性廃棄物埋設、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理などを行っています。また、現在その中核をなす再処理工場の最終試験を行っています。

DBJは、多額の資金と長期の建設期間を要するサイクル施設に対し、長期資金の安定供給を行うことによりプロジェクトの推進を図り、原子燃料サイクルの確立、ひいてはエネルギーの長期的な安定供給の確保に貢献しています。

ページ先頭

ページトップへ