ホーム > 投融資事例 > 産業分野 > ヘルスケア > JR札幌病院のケース

JR札幌病院のケース

JR札幌病院は、JR北海道が運営する大型総合病院で、内科・呼吸器科・循環器科・耳鼻咽喉科に強みを持つ地域中核医療機関です。
老朽化の進んだ病院建物を建て替えの際、新築する病院の収益力を活かした資金調達を行い、病院事業の所有と運営の分離を実現しています。

このケースでは、アレンジャーを三菱商事グループのライフタイムパートナーズが、共同アレンジャーをDBJが務め、シニア融資を地域金融機関、メザニン融資をDBJが実施し、安定したスキームを構築しています。
また、SPCと絡め外部経営資源(ライフタイムパートナーズのコンサルティング等)を導入しています。

ページ先頭

ページトップへ