ホーム > 投融資事例 > 産業分野 > ヘルスケア > 釧路孝仁会記念病院のケース

釧路孝仁会記念病院のケース

孝仁会は、全国でもトップクラスの脳神経外科部門を有する地域の急性医療の中核医療法人です。
釧路孝仁会記念病院は、孝仁会が傘下にもつ釧路脳神経外科病院、星が浦病院、新くしろ病院の急性期医療部門の集約・高機能化を目的に開設されました。

DBJは、平成17年9月に締結した業務協力協定に基づき、北海道銀行・北洋銀行と連携し、野村ホールディング系ファンドと組み、流動化型のノンリコース融資を実施しました。
当行は、ローン部分のリードアレンジに加え、社債引受を担当し、道東・釧路根室地域における医療機能の充実を支援しています。

ページ先頭

ページトップへ