アルインコ(株)に対し、「DBJスマートジャパンプログラム」に基づく融資を実施-関西企業の震災復興への取り組みを金融面から支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、アルインコ株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長:小山勝弘、以下「当社」という。)に対し、「DBJスマートジャパンプログラム」に基づく融資を実施します。

 「DBJスマートジャパンプログラム」は、震災からの復旧・復興、円高、欧州金融危機、海外を含めたサプライチェーンの途絶など、外部環境の変化を踏まえた日本経済のサステナビリティ確保を目的に、(1)世界に通じる競争力強化、(2)まちづくり、(3)環境・エネルギーの3つの取り組みについて金融サポートを行うDBJ独自の融資制度です。

 当社は、建設業界向け軽量仮設足場の製造・販売・レンタルを主力事業とする業界のリーディングカンパニーです。良質な製品・サービスを通じて建設現場に“安全・安心”を提供するとともに、利便性や作業効率の向上に寄与しています。

 本件は、東日本大震災の住宅復興需要に対応すべく、仮設足場機材を被災地に向けて迅速に供給する当社を、「DBJスマートジャパンプログラム」に基づく融資によって支援するものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による問題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来をともに実現していきます~」に基づき、東日本大震災からの復旧・復興やわが国の成長に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 関西支店 企画調査課 電話番号06-4706-6455
DBJ News一覧へ戻る