ホーム > 研究成果 > その他の刊行物 > 事業継続計画による企業分析

その他の刊行物

事業継続計画による企業分析

野田健太郎[著]
2013 / 12 中央経済社 / 3800円(本体価格)
ISBN 978-4-502-08320-4

  • 事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)の観点から、企業分析について論じた日本初の本格的な専門書。
  • BCPが経営行動や資本市場に対してどのような効果をもつのかを、実証分析と企業へのアンケートやインタビューを通じて得られた知見の両面から解明。
  • 南海トラフ大地震をはじめとした巨大災害やサプライチェーンの寸断への対応など危機管理への関心が高まる中で、経営者に対してはBCPへの対応方針を、投資家などのステークホルダーへは企業に対する新たな評価軸を提示。
はしがき
第1章 問題の所在と本書の構成
第2章 BCPの特徴と最近の潮流
第3章 BCP開示と取り組みの関連性
第4章 分析のフレームワーク
第5章 BCP開示企業の決定要因
第6章 BCPと経営者業績予想の関係
第7章 BCP開示が資本コストに与える影響
第8章 BCPの開示方法が株価変化に与える影響
第9章 分析結果の整理と今後の課題

一覧へ

最近の研究成果

2019.10.31設研リサーチノート

観光ビジョンの中で見えてきた課題と今後の方向性

(奥 直子)

[PDF:1.2M]

2019.10.18ディスカッションペーパー

Corporate Governance Compliance and Firm Value: A Cultural Perspective

(Orihara, Masanori and Arman Eshraghi)

[PDF:808K]

2019.10.17ディスカッションペーパー

Long-term Financial Performance of Corporate Social Responsibility, External Governance from Foreign Stockholders, and Regional Stakeholders

(Shirasu, Yoko and Hidetaka Kawakita)

[PDF:629K]

2019.09.26ディスカッションペーパー

エネルギー生産性改善と全体効率

(野村 浩二)

[PDF:520K]

2019.08.26ディスカッションペーパー

エネルギー価格変動に対する日本経済の脆弱性―実質単位エネルギーコストの変化要因―

(野村 浩二)

[PDF:1.3M]

2019.07.29経済経営研究

経済経営研究 技術革新と金融活動~日本経済へのインパクト―2018年東大・設研共同主催シンポジウム抄録―

(植田 和男・福田 慎一・中村 純一[編])

[PDF:9.1M]

2019.05.28ディスカッションペーパー

企業のライフサイクルがCSRの情報開示に与える影響

(野田健太郎・松山将之)

[PDF:168K]

2019.05.27ディスカッションペーパー

Trade, Resource Use and Pollution: A Synthesis

(Yanase, Akihiko and Gang Li)

[PDF:4.6M]

2019.05.20設研リサーチノート

気候変動と金融―TCFD提言を背景に―

(松山 将之・小澤 彩子)

[PDF:1.4M]

2019.05.15ディスカッションペーパー

Who is the Boss? Family Control without Ownership in Publicly-traded Japanese Firms

(Bennedsen, Morten, Vikas Mehrotra, Jungwook Shim and Yupana Wiwattanakantang)

[PDF:1.3M]

2019.05.15ディスカッションペーパー

Do Social Networks Encourage Risk-taking? Evidence from Bank CEOs

(Fang, Yiwei, Iftekhar Hasan, LiuLing Liu and Haizhi Wang)

[PDF:743K]