ホーム >DBJ金融アカデミー

DBJ金融アカデミー

概要

ビジネスモデル実現の中核となる高度な企業向け金融業務を担う人材を組織的に育成するために、主に入行8年目までの職員を受講対象者として「DBJ金融アカデミー」(基礎講座、選択講座、特別講座)を開催しています。本アカデミーを通じて、職員一人ひとりの金融力のレベルアップを図り、基礎的な知識の習得・理解の深化を目指しています。また、地域金融機関等の外部受講者との間の相互交流とネットワーク構築も期待されています。

2017年度カリキュラム

基礎講座:企業金融の考え方や企業価値評価の手法等に関して実務への応用を意識した基礎知識の習得

講座名 概要
企業金融と金融技術 起業、株式会社の役割、事業承継、IPO、ベンチャーキャピタル
投資ファイナンス、商業ファイナンス、ストラクチャードファイナンス、リスクファイナンス
フィンテック、フィナンシャル・ジェロントロジー、PPP・PFI
経済指標の読み方 日本経済・世界経済を読み解く上での重要な経済指標
金融市場を理解する上で重要な経済指標
コーポレート・ファイナンス基礎 経営と財務、DCF法とその応用、ポートフォリオ理論とCAPM、WACCとレバレッジ 等
企業価値評価(エンタープライズDCF法、マルチプル法)、投資評価とリアルオプション
資本政策とケーススタディ
金融システム論 金融システムの基礎理論、コーポレートガバナンス
バブル崩壊後の日本の金融危機、日本の企業金融(長期的動向、日本の金融システムの行方等)
アメリカ発の金融危機と金融規制
金融政策 マクロ経済政策にかかわる様々な話題(金融政策の究極の目標、金融政策と物価)
テーラールール、非伝統的金融政策、円安の日本経済・実務資産残高への効果
国際金融 為替リスク管理、国際収支と為替相場の基本的概念、購買力平価、金利平価
為替相場決定モデル、為替相場制度の種類、通貨同盟、最適通貨圏の理論
グローバル・インバランスとユーロ圏危機(欧州財政危機への対応、東アジア通貨への影響と東アジアにおける地域通貨協力)等
コーポレート・ファイナンス演習 財務モデリング(実績財務諸表の分析、予測財務諸表の作成等)
M&Aの基本算術、シナジーの分配と買収価格の算定
グループプロジェクト(事例分析)
日本の財政の課題と展望(財政政策) わが国の財政制度と歳出構造、社会保障と税制、地方財政と財政投融資

選択講座① 金融実務の基礎理論:
金融実務に関する基本的な知識と実践的なノウハウの習得

講座名 概要
IFRS会計 基礎 IFRSの構成・特徴、原則主義、財務報告に関する概念フレームワーク、公正価値
IFRS会計の基礎(財務諸表、収益、棚卸資産、有形・無形固定資産、減損、リース、引当金、従業員給付、金融商品)
IFRS会計 応用 企業結合、外貨換算、連結関連、注記事項に関する基準書
IFRSに基づく財務諸表―日本基準に基づく財務諸表との違い
証券化の基礎と実践 日本、欧州・米国の証券化市場の動向、証券化の基礎、証券化と金融・倒産法制、証券化の会計と税務
証券化に内包されるリスクの所在とその評価の視点
日本のストラクチャー事例、近年の証券化市場の格付け動向、証券化商品等の格付け事例
不動産ファインナンス 実物資産の価値評価、負債を使ったエクイティ投資
エクイティと負債投資の分析
ケーススタディーによるグループ討議
M&A M&Aの概要と仕組み(企業戦略とM&A等)
M&Aの分析(計画と実行、PMI、買収価格の決定、株式交換、LBO、MBO)
M&Aの分析(企業価値の評価方法、買収価格の決定等)、ケーススタディーと確認テスト

選択講座② コーポレート・ガバナンスと投資家対話:
コーポレート・ガバナンスや統合報告等についての基本的な知識と考え方の取得

講座名 概要
オーナー系企業の研究(ファミリービジネス) ファミリービジネスの全体像、事業承継とガバナンス
国際統合報告概論 国際財務報告基準(IFRS)の目的、統合リスクマネジメント
統合報告の意義と必要性、統合報告書におけるKPIの開示事例
国際統合報告<IR>フレームワークをベースとした各国の統合報告の事例紹介、グループ討議

選択講座③ 金融・経済の基礎的視座と新理論:
最先端の研究成果を始めとする金融・経済に関する様々な知識の取得

講座名 概要
行動ファイナンス 投資家の不合理行動、ファイナンスにおける自己規律問題、効率市場仮説とアノマリー
行動経済学的バブル理論
社会貢献と金融
リアル・オプション・アプローチ リアル・オプションの概念、事例から考えるリスクの発見、発想の転換、柔軟性の行使
リアル・オプションの定量評価、価値の導出と最適な意思決定
リアル・オプションの最先端

地銀向け特別プログラム

〈2017年度〉

2017年10月16日~10月18日の3日間、大手町フィナンシャルシティ・サウスタワー3階カンファレンスセンターのホールにおいて、DBJ金融アカデミーの特別プログラムとして当行金融法人部との共催による「地銀特別セミナー」を開催しました(プログラムの概要につきましては以下のPDFファイルをご参照下さい)。

受講生は座学のみならずグループワークを通じた演習に積極的に取り組むことにより、日頃の業務を異なる視点から捉え直し、地域の人口減少・高齢化等の進展といった金融機関を取り巻く厳しい現状を自らの頭で考えることを通じて、今後の地域金融のあり方、将来の地域金融のビジネスモデルの可能性などについて学習しました。

今後、業務面での協働の一層の推進及び人的ネットワークの構築につながることが期待されます。

セミナー終了後に開催された懇親会等を通じて、当行役職員との間でも活発な交流が図られ、参加地銀の間の親睦も深まりました。

プログラムの概要[PDF:107K]

最近の研究成果

2017.10.17ディスカッションペーパー

Corporate Governance and Corporate Performance under Market Socialism: Empirical Analysis of Listed Companies in China

(Wang, Le, Qun Liu and Masaharu Hanazaki)

[PDF:1.7M]

2017.09.19ディスカッションペーパー

Labor Productivity Stagnation, the Radical Quantitative Easing Monetary Policy, and Disinflation

(Otaki, Masayuki)

[PDF:230K]

2017.08.21その他の刊行物

ケインズとその時代を読む―危機の時代の経済学ブックガイド

(大瀧 雅之・加藤 晋[編])

2017.04.07経済経営研究

日本企業のコーポレートガバナンス:産業の新陳代謝、サステナビリティ経営に向けた課題と展望―2016年東大・設研共同主催シンポジウム抄録―

(植田 和男・福田 慎一・大石 英生・中村 純一[編])

[PDF:9.9M]

2017.02.27その他の刊行物

戦略的リスクマネジメントで会社を強くする

(野田 健太郎)

2017.02.27ディスカッションペーパー

英独におけるエネルギー生産性の改善は持続可能か

(野村浩二)

[PDF:657K]

2017.01.04その他の刊行物

産業別財務データハンドブック

(日本政策投資銀行設備投資研究所[編])

2016.12.07ディスカッションペーパー

A Theory on Origin of Speculative Bubbles and Public Debt Accumulation

(Otaki, Masayuki)

[PDF:582K]

2016.09.26ディスカッションペーパー

Corporate Environmental Liabilities and Capital Structure

(Chang, Xin, Kangkang Fu, Tao Li, Lewis H.K. Tam and George Wong)

[PDF:814K]

2016.09.26ディスカッションペーパー

The Real Effect of Financial Innovation: Evidence from Credit Default Swaps Trading and Corporate Innovation

(Chang, Xin, Yangyang Chen, Sarah Qian Wang, Kuo Zhang and Wenrui Zhang)

[PDF:909K]