ホーム > シンポジウム・イベント > 下村治博士の生誕100年をお祝いする会

下村治博士の生誕100年をお祝いする会

2010年は設備投資研究所の初代所長である下村治博士の生誕100年にあたります。下村博士が大きな役割を果たした池田勇人内閣の「所得倍増計画」から50年、1989年に亡くなる直前まで批判し続けた「バブル経済」が崩壊してから20年が経過しました。近年の経済的混迷を受けて、問題解決のヒントを探るべく、下村博士の足跡を振り返る動きも見られます。

設備投資研究所では、下村治博士の生誕100年を記念し、2010年11月8日(月)にお祝い会を開催しました。会には下村治博士にゆかりのある研究者や有識者などを中心に、約100名の参加がありました。下村治博士のご長男、下村恭民法政大学名誉教授や、設備投資研究所で親交の深かった宇沢弘文東京大学名誉教授などからご挨拶をいただき、下村博士にまつわる数々のエピソードなどをご披露いただきました。

お祝い会の様子

  • 下村恭民先生のご挨拶

  • 下村博士生誕100年を祝して乾杯

  • 宇沢弘文先生による下村博士のエピソード紹介

  • 宮川公男先生による設備投資研究所設立当初の思い出紹介

  • 貝塚啓明先生による下村博士と設備投資研究所の思い出紹介

  • 設備投資研究所設立に尽力された中野雄様によるご挨拶

  • 下村博士と関係の深かった堀内行蔵先生のご挨拶

  • 歓談の様子

  • 下村フェローとして来日中のトムセン先生と川西諭先生

  • 随清遠先生、福田慎一先生と久保克行先生

  • 岩田規久男先生によるスピーチ

  • 南部鶴彦先生によるスピーチ

最近の研究成果

2020.07.22経済経営研究

産業公害の克服と金融の役割の再検討―1970年代開銀公害防止融資の実証分析―

(内山 勝久・細田 裕子)

[PDF:782K]

2020.07.14経済経営研究

比較制度分析の視点から見た企業統治改革~資本市場, 所有構造および支配権の在り方~2019年度早稲田大学高等研究所・日本政策投資銀行設備投資研究所共同主催シンポジウム抄録

(宮島 英昭・鈴木 一功・中村 純一・岡田 拓也[編])

[PDF:5.8M]

2019.12.19その他の刊行物

産業別財務データハンドブック

(日本政策投資銀行設備投資研究所[編])

2019.10.31設研リサーチノート

観光ビジョンの中で見えてきた課題と今後の方向性

(奥 直子)

[PDF:1.0M]

2019.10.18ディスカッションペーパー

Corporate Governance Compliance and Firm Value: A Cultural Perspective

(Orihara, Masanori and Arman Eshraghi)

[PDF:808K]

2019.10.17ディスカッションペーパー

Long-term Financial Performance of Corporate Social Responsibility, External Governance from Foreign Stockholders, and Regional Stakeholders

(Shirasu, Yoko and Hidetaka Kawakita)

[PDF:629K]

2019.09.26ディスカッションペーパー

エネルギー生産性改善と全体効率

(野村 浩二)

[PDF:520K]

2019.08.26ディスカッションペーパー

エネルギー価格変動に対する日本経済の脆弱性―実質単位エネルギーコストの変化要因―

(野村 浩二)

[PDF:1.3M]

2019.07.29経済経営研究

技術革新と金融活動~日本経済へのインパクト―2018年東大・設研共同主催シンポジウム抄録―

(植田 和男・福田 慎一・中村 純一[編])

[PDF:9.1M]

2019.05.28ディスカッションペーパー

企業のライフサイクルがCSRの情報開示に与える影響

(野田健太郎・松山将之)

[PDF:168K]