ホーム > シンポジウム・イベント > 26th NBER-TCER-CEPR Conference on Corporate Governance/2016年度東大・設研共同主催シンポジウム:日本企業のコーポレート・ガバナンス:産業の新陳代謝,サステナビリティ経営に向けた課題と展望

26th NBER-TCER-CEPR Conference on Corporate Governance 2016年度東大・設研共同主催シンポジウム 「日本企業のコーポレート・ガバナンス:産業の新陳代謝,サステナビリティ経営に向けた課題と展望」

東京大学金融教育研究センター(CARF)と設備投資研究所は、2016年12月8日(木)~9日(金)に、全米経済研究所(NBER)、東京経済研究センター(TCER)、欧州経済政策研究センター(CEPR)の三者が行う年次国際学術会議 TRIO conference とジョイントで、コーポレート・ガバナンスに関するシンポジウムを開催いたしました。

9日(金)午後の「日本企業のコーポレート・ガバナンス:産業の新陳代謝,サステナビリティ経営に向けた課題と展望」と題した一般向けのシンポジウムでは、2つのコードに代表される現在のコーポレート・ガバナンス改革を日本経済、日本企業の再活性化につなげるために何が必要かをめぐって、学界・経済界を代表する論客の間で興味深い議論が展開されました。

開催概要

開催日 2016年12月9日(金)
会場 大手町フィナンシャルシティサウスタワー3F カンファレンスセンター
主催 東京大学金融教育研究センター、(株)日本政策投資銀行設備投資研究所
共催 (一財)統計研究会・金融班、(一財)日本経済研究所

プログラム

13:30 開会の辞 柳 正憲((株)日本政策投資銀行代表取締役社長)
13:40 基調講演 日本のコーポレートガバナンス改革
星 岳雄(スタンフォード大学教授・(公財)東京財団理事長)
14:30 休憩
14:45 パネルディスカッション
座長
パネリスト
植田 和男(東京大学大学院経済学研究科教授)
星  岳雄(スタンフォード大学教授・(公財)東京財団理事長)
花崎 正晴(一橋大学大学院商学研究科教授)
志賀 俊之((株)産業革新機構代表取締役会長・日産自動車(株)取締役副会長)
大石 英生((株)日本政策投資銀行取締役常務執行役員・設備投資研究所長)
16:50 閉会の辞 福田 慎一(東京大学大学院経済学研究科教授)
最近の研究成果

2018.10.18ディスカッションペーパー

Skin in the Game, Wealth and Risk-Taking: Evidence from Private Equity Funds

(Bienz, Carsten, Karin S. Thorburn and Uwe Walz)

[PDF:434K]

2018.09.12経済経営研究

世界の潮流の変化とアジア経済―2017年度一橋大学・日本政策投資銀行共同シンポジウム抄録―

(小川 英治・中村 純一[編])

[PDF: 21M]

2018.03.26ディスカッションペーパー

日本の長期エネルギー生産性―エネルギー品質と産業構造要因―

(野村浩二)

[PDF:1.2M]

2018.01.04その他の刊行物

産業別財務データハンドブック

(日本政策投資銀行設備投資研究所[編])

2017.10.17ディスカッションペーパー

Corporate Governance and Corporate Performance under Market Socialism: Empirical Analysis of Listed Companies in China

(Wang, Le, Qun Liu and Masaharu Hanazaki)

[PDF:1.7M]

2017.09.19ディスカッションペーパー

Labor Productivity Stagnation, the Radical Quantitative Easing Monetary Policy, and Disinflation

(Otaki, Masayuki)

[PDF:230K]

2017.08.21その他の刊行物

ケインズとその時代を読む―危機の時代の経済学ブックガイド

(大瀧 雅之・加藤 晋[編])

2017.04.07経済経営研究

日本企業のコーポレートガバナンス:産業の新陳代謝、サステナビリティ経営に向けた課題と展望―2016年東大・設研共同主催シンポジウム抄録―

(植田 和男・福田 慎一・大石 英生・中村 純一[編])

[PDF:9.9M]

2017.02.27その他の刊行物

戦略的リスクマネジメントで会社を強くする

(野田 健太郎)

2017.02.27ディスカッションペーパー

英独におけるエネルギー生産性の改善は持続可能か

(野村浩二)

[PDF:657K]