ホーム > シンポジウム・イベント > 一橋大学・日本政策投資銀行 共同シンポジウム「世界の潮流の変化とアジア経済」

一橋大学・日本政策投資銀行 共同シンポジウム
「世界の潮流の変化とアジア経済」

一橋大学と日本政策投資銀行は、2018年3月15日(木)に両者の包括連携協定に基づく2回目となる共同シンポジウムを開催いたしました。プロジェクトメンバーである学識者を中心とする講演やパネルディスカッションを通じて、反グローバルリズムの波の広がりなど世界の潮流が変化するなかで日本は世界経済の中心となるアジア地域とどのように向き合っていけばよいのか、といった問題について活発な議論が行われました。

シンポジウムの成果については、こちらからご覧いただけます。
経済経営研究Vol. 39,No. 1[PDF: 21M]

開催概要

開催日 2018年3月15日(木)
会場 大手町フィナンシャルシティサウスタワー3F カンファレンスセンター
主催 一橋大学研究機構東アジア政策研究センター、(株)日本政策投資銀行設備投資研究所
共催 (一財)日本経済研究所

プログラム

14:00 開会挨拶 小川 英治(一橋大学大学院商学研究科教授)
14:15 基調講演 アンバンドリングの深化と新興国・発展途上国の開発戦略:継続課題と新たな挑戦
木村 福成(慶應義塾大学経済学部教授、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)チーフエコノミスト)
15:00 休憩
15:15 パネルディスカッション
世界の潮流の変化とアジア経済
パネリスト
木村 福成(慶應義塾大学経済学部教授、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)チーフエコノミスト)
小川 英治(一橋大学大学院商学研究科教授)
花崎 正晴(一橋大学大学院商学研究科教授)
田中 賢治((株)日本政策投資銀行設備投資研究所副所長)
コーディネーター 奥田 英信(一橋大学大学院経済学研究科教授)
17:15 閉会挨拶 大石 英生((株)日本政策投資銀行取締役常務執行役員・設備投資研究所長)
最近の研究成果

2019.09.26ディスカッションペーパー

エネルギー生産性改善と全体効率

(野村 浩二)

[PDF:520K]

2019.08.26ディスカッションペーパー

エネルギー価格変動に対する日本経済の脆弱性―実質単位エネルギーコストの変化要因―

(野村 浩二)

[PDF:1.3M]

2019.07.29経済経営研究

経済経営研究 技術革新と金融活動~日本経済へのインパクト―2018年東大・設研共同主催シンポジウム抄録―

(植田 和男・福田 慎一・中村 純一[編])

[PDF:9.1M]

2019.05.28ディスカッションペーパー

企業のライフサイクルがCSRの情報開示に与える影響

(野田健太郎・松山将之)

[PDF:168K]

2019.05.27ディスカッションペーパー

Trade, Resource Use and Pollution: A Synthesis

(Yanase, Akihiko and Gang Li)

[PDF:4.6M]

2019.05.20設研リサーチノート

気候変動と金融―TCFD提言を背景に―

(松山 将之・小澤 彩子)

[PDF:1.4M]

2019.05.15ディスカッションペーパー

Who is the Boss? Family Control without Ownership in Publicly-traded Japanese Firms

(Bennedsen, Morten, Vikas Mehrotra, Jungwook Shim and Yupana Wiwattanakantang)

[PDF:1.3M]

2019.05.15ディスカッションペーパー

Do Social Networks Encourage Risk-taking? Evidence from Bank CEOs

(Fang, Yiwei, Iftekhar Hasan, LiuLing Liu and Haizhi Wang)

[PDF:743K]

2019.05.15ディスカッションペーパー

Foreign Ownership, Bank Information Environments, and the International Mobility of Corporate Governance

(Fang, Yiwei, Iftekhar Hasan, Woon Sau Leung and Qingwei Wang)

[PDF:1.1M]

2019.05.10経済経営研究

貨幣・雇用・リベラリズム 大瀧雅之氏の研究を振り返って―東大社研・DBJ設研シンポジウム抄録―

(加藤 晋・内山 勝久[編])

[PDF:1.5M]