ホーム > シンポジウム・イベント > 一橋大学・日本政策投資銀行 共同シンポジウム「世界の潮流の変化とアジア経済」

一橋大学・日本政策投資銀行 共同シンポジウム
「世界の潮流の変化とアジア経済」

一橋大学と日本政策投資銀行は、2018年3月15日(木)に両者の包括連携協定に基づく2回目となる共同シンポジウムを開催いたしました。プロジェクトメンバーである学識者を中心とする講演やパネルディスカッションを通じて、反グローバルリズムの波の広がりなど世界の潮流が変化するなかで日本は世界経済の中心となるアジア地域とどのように向き合っていけばよいのか、といった問題について活発な議論が行われました。

シンポジウムの成果については、こちらからご覧いただけます。
経済経営研究Vol. 39,No. 1[PDF: 21M]

開催概要

開催日 2018年3月15日(木)
会場 大手町フィナンシャルシティサウスタワー3F カンファレンスセンター
主催 一橋大学研究機構東アジア政策研究センター、(株)日本政策投資銀行設備投資研究所
共催 (一財)日本経済研究所

プログラム

14:00 開会挨拶 小川 英治(一橋大学大学院商学研究科教授)
14:15 基調講演 アンバンドリングの深化と新興国・発展途上国の開発戦略:継続課題と新たな挑戦
木村 福成(慶應義塾大学経済学部教授、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)チーフエコノミスト)
15:00 休憩
15:15 パネルディスカッション
世界の潮流の変化とアジア経済
パネリスト
木村 福成(慶應義塾大学経済学部教授、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)チーフエコノミスト)
小川 英治(一橋大学大学院商学研究科教授)
花崎 正晴(一橋大学大学院商学研究科教授)
田中 賢治((株)日本政策投資銀行設備投資研究所副所長)
コーディネーター 奥田 英信(一橋大学大学院経済学研究科教授)
17:15 閉会挨拶 大石 英生((株)日本政策投資銀行取締役常務執行役員・設備投資研究所長)
最近の研究成果

2019.03.18ディスカッションペーパー

日本企業の雇用調整に関する実証分析―グローバル化の影響を中心に―

(小澤 彩子)

[PDF:1.4M]

2019.02.22ディスカッションペーパー

The Deterrent Effect of Anti-Bribery Law Enforcement on the Quality of Earnings

(Bunkanwanicha, Pramuan and Olivier Greusard)

[PDF:493K]

2019.01.31経済経営研究

統合報告書の公表企業像とその非財務情報の特徴―統合報告書の公表企業へのアンケート調査分析―

(小西 範幸[編])

[PDF:6.7M]

2019.01.07設研リサーチノート

日本における税効果会計制度の概要と上場企業の適用状況

(松山 将之・住谷 慎一郎)

[PDF:477K]

2018.12.21その他の刊行物

産業別財務データハンドブック

(日本政策投資銀行設備投資研究所[編])

2018.12.03ディスカッションペーパー

Liquidity Risk?

(Pontiff, Jeffrey and Rohit Singla)

[PDF:415K]

2018.10.18ディスカッションペーパー

Skin in the Game, Wealth and Risk-Taking: Evidence from Private Equity Funds

(Bienz, Carsten, Karin S. Thorburn and Uwe Walz)

[PDF:434K]

2018.09.12経済経営研究

世界の潮流の変化とアジア経済―2017年度一橋大学・日本政策投資銀行共同シンポジウム抄録―

(小川 英治・中村 純一[編])

[PDF: 21M]

2018.03.26ディスカッションペーパー

日本の長期エネルギー生産性―エネルギー品質と産業構造要因―

(野村 浩二)

[PDF:1.2M]

2017.10.17ディスカッションペーパー

Corporate Governance and Corporate Performance under Market Socialism: Empirical Analysis of Listed Companies in China

(Wang, Le, Qun Liu and Masaharu Hanazaki)

[PDF:1.7M]