ホーム > 研究成果 > Economic Affairs > 最適都市を考える

Economic Affairs

最適都市を考える

Economic Affairs 2

宇沢弘文・堀内行蔵[編]
1992 / 3 東京大学出版会 / 4000円+税
ISBN 978-4-13-040123-4

人間にとって最も暮しやすい都市とはなにかを基本テーマに、都市を全体的構造や機能から考察しようとするもの。一極集中、地価高騰、大都市の財政等、現実的問題に対する方策を経済的側面から検討し、また都市の思想や都市計画の歴史までを含む。

プロローグ[PDF: 44K]   宇沢弘文
第1章 都市の思想 間宮陽介
第2章 最適都市の構造―都市間の均衡と社会的共通資本― 小川喜弘
第3章 CBDの最適利用―事務所抑制政策の経済理論― 坂下 昇
第4章 東京一極集中の経済学 金本良嗣
第5章 東京一極集中:価格機構による対策 八田達夫
第6章 日本の都市における土地利用と借地・借家法 野口悠紀雄
第7章 大都市の財政問題―ニューヨークと東京― 浅子和美・堀内行蔵・茂木愛一郎
第8章 都市形成の歴史と都市計画 光多長温
シンポジウム:最適都市を考える伊藤滋・宇沢弘文・坂下昇・野口悠紀雄・蓑原敬・堀内行蔵

一覧へ

最近の研究成果

2024.04.30ディスカッションペーパー

Selection and Pricing of Green and Sustainability-Linked Corporate Bonds

(Ramirez, Maria Gonzalez and John K. Wald)

[PDF:387K]

2024.03.29ディスカッションペーパー

Post-Pandemic Surges of Real Unit Energy Costs in Eight Industrialized Countries

(野村浩二・稲場 翔)

[PDF:2.2M]

2024.03.22ディスカッションペーパー

シンガポールにおけるライフサイエンス・エコシステム形成-トランスレーションへの集中に向かうプロセス-

(青山竜文)

[PDF:906K]

2024.01.29ディスカッションペーパー

サステナビリティ活動と企業価値―DBJサステナビリティ評価認証融資による実証分析―

(内山勝久・細田裕子)

[PDF:914K]

2024.01.16その他の刊行物

産業別財務データハンドブック

(日本政策投資銀行設備投資研究所[編])

2023.11.01経済経営研究

新型コロナウイルス感染症が都市に及ぼした影響と今後の見通し

(上野 賢一)

[PDF:2.1M]

2023.08.14その他の刊行物

不動産の経済的価値に関する計量経済分析―住宅の資産価値向上のための価格変動メカニズムの解明

(上野賢一)

2023.04.28経済経営研究

ライフサイエンスにおけるエコシステム形成の構図と創意工夫~ベルギーでのシステム形成と日本の課題対応

(青山 竜文)

[PDF:3.3M]

2023.03.23ディスカッションペーパー

実質的なエネルギーコスト負担に関する高頻度指標の開発―月次RUECとその変化要因―

(野村 浩二・稲場 翔)

[PDF:1.2M]

2022.08.31ディスカッションペーパー

The Real Effect of ESG Rating Agencies

(Bikmetova, Natalya and Christo A. Pirinsky)

[PDF:795K]