ホーム > シンポジウム・イベント > 花崎正晴所長「エコノミスト賞」受賞

花崎正晴所長「エコノミスト賞」受賞

2010年3月、毎日新聞社エコノミスト賞選考委員会により、

が「第50回(2009年度)エコノミスト賞」の受賞作として選ばれました。

エコノミスト賞は、1960年に創設され、日本経済および世界経済について、実証的・理論的分析に優れた作品に授与されるものです。歴代受賞者から多くの有為な人材を送り出し、「経済論壇の芥川賞」と評されています。

本書は、経済学と実践の両者の第一線に立った視点から、表裏一体の関係にある企業金融とコーポレート・ガバナンスの基礎および応用理論を解説するとともに、その現実性を情報と制度の側面から検証し、「企業とは何か」という問題提起に独自の見解と将来展望を示したものです。

エコノミスト賞授賞式・パーティー

毎日新聞社主催による授賞式・パーティーが2010年4月23日(金)に東京大手町のKKRホテル東京で開催されました。受賞者と出版元の東京大学出版会には表彰状が授与されました。受賞者の恩師である堀内昭義教授からご挨拶をいただいた後、石弘光・選考委員長から選考過程の報告と講評があり、厳かななかにも和やかな雰囲気で行われました。

その後行われたパーティーには、多くの経済学者や関係者の方にご参加いただきました。設備投資研究所顧問宇沢弘文教授や選考委員の先生などからご挨拶やご祝辞をいただき、終始和やかな雰囲気のうちに終了しました。

授賞式・パーティーの様子

  • 表彰状の授与

  • 表彰状の授与

  • 受賞者挨拶

  • 堀内昭義教授のご挨拶

  • 宇沢弘文教授のご祝辞

  • パーティーでの歓談

  • パーティー会場の様子

  • 受賞者を祝して

  • パーティーでの歓談

最近の研究成果

2019.09.26ディスカッションペーパー

エネルギー生産性改善と全体効率

(野村 浩二)

[PDF:520K]

2019.08.26ディスカッションペーパー

エネルギー価格変動に対する日本経済の脆弱性―実質単位エネルギーコストの変化要因―

(野村 浩二)

[PDF:1.3M]

2019.07.29経済経営研究

経済経営研究 技術革新と金融活動~日本経済へのインパクト―2018年東大・設研共同主催シンポジウム抄録―

(植田 和男・福田 慎一・中村 純一[編])

[PDF:9.1M]

2019.05.28ディスカッションペーパー

企業のライフサイクルがCSRの情報開示に与える影響

(野田健太郎・松山将之)

[PDF:168K]

2019.05.27ディスカッションペーパー

Trade, Resource Use and Pollution: A Synthesis

(Yanase, Akihiko and Gang Li)

[PDF:4.6M]

2019.05.20設研リサーチノート

気候変動と金融―TCFD提言を背景に―

(松山 将之・小澤 彩子)

[PDF:1.4M]

2019.05.15ディスカッションペーパー

Who is the Boss? Family Control without Ownership in Publicly-traded Japanese Firms

(Bennedsen, Morten, Vikas Mehrotra, Jungwook Shim and Yupana Wiwattanakantang)

[PDF:1.3M]

2019.05.15ディスカッションペーパー

Do Social Networks Encourage Risk-taking? Evidence from Bank CEOs

(Fang, Yiwei, Iftekhar Hasan, LiuLing Liu and Haizhi Wang)

[PDF:743K]

2019.05.15ディスカッションペーパー

Foreign Ownership, Bank Information Environments, and the International Mobility of Corporate Governance

(Fang, Yiwei, Iftekhar Hasan, Woon Sau Leung and Qingwei Wang)

[PDF:1.1M]

2019.05.10経済経営研究

貨幣・雇用・リベラリズム 大瀧雅之氏の研究を振り返って―東大社研・DBJ設研シンポジウム抄録―

(加藤 晋・内山 勝久[編])

[PDF:1.5M]