ホーム > DBJの金融サービス > 融資 > 評価認証型融資 > DBJ BCM格付 > (株)日本マイクロニクスのケース

(株)日本マイクロニクスのケース

日本マイクロニクスは、昭和45年の創業以来、半導体計測器具、半導体・LCD(液晶ディスプレイ)検査機器など、日進月歩で進化するITデバイスの品質や性能、信頼性を支える機器・装置・システムを開発し提供しています。特に、半導体量産工程でウェーハの電気的特性検査に用いるプローブカード(半導体計測器具)では、世界トップクラスのシェアを誇ります。

日本マイクロニクスに対して、「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施しました。格付評価においては、①定期的な防災訓練や安否確認訓練の実施等により、充実した防災体制を構築している点、②全社リスクマネジメント委員会を事業部門と各ワーキンググループというマトリクス構造で組織し、経営上のさまざまなリスクへの対処を平時より積極的に実施している点、③サプライチェーンの上流事業者を代替可能性など複数の視点から評価し、調達先の分散化などリスク低減措置を講じている点、を高く評価しました。

ページ先頭

ページトップへ