ホーム > 会社情報 > 企業情報 > 社長メッセージ

社長メッセージ

サステナビリティ経営
~持続可能な社会の実現に向けて~

経済価値と社会価値の両立を役職員の一人ひとりが胸に刻み、将来世代にわたって持続可能な未来の社会を創る…DBJグループが、過去から変わらずに抱き、そしてこれからも変わらずに抱き続ける共通した想いです。

DBJグループが目指す「サステナビリティ経営」とは、持続可能な社会の実現に向け、ステークホルダーの皆様との対話を深めながら、経済価値と社会価値を創造するプロセスの不断の改善を図るものです。

企業理念 ~金融力で未来をデザインします~

2008年の株式会社化以降、一貫して「投融資一体」の金融サービスの拡充や、リスク管理態勢などの経営基盤の高度化を進めてきました。

一方で、近年の金融緩和下での融資の収益性低下、投資収益のボラティリティの高さ等の事業面の課題に加え、人材育成や働き方改革など経営基盤面の課題も大きくなっています。

この度、改めてDBJグループの過去の歩みを振り返るとともに、変化著しい将来の社会において果たすべき役割を展望することで、変わらない使命や価値観、目指す将来像(ビジョン2030)といった企業理念体系を再構成しました。

第4次中期経営計画 ~変化に挑み、未来を創る3年間~

今年度からスタートした第4次中期経営計画においては、従来の成果と課題を踏まえつつ、目指すビジョン2030に向けて、強みを有する分野の深掘りと新たな分野の開拓、そして事業を支える経営基盤の強化など、持続的な成長に向けた積極的な取り組みを展開して参ります。

引き続きステークホルダーの皆様のご意見を頂きながら、サステナビリティ経営のトップランナーとして、お客様と社会の課題解決に貢献して参ります。

2017年7月
株式会社日本政策投資銀行
代表取締役社長 柳 正憲

ページ先頭

ページトップへ