ホーム > 調査研究レポート

調査研究レポート

国内外を見渡す、多角的な視点。

今月のトピックス

今月のトピックス 一覧へ

No.266 IoTの現状~米国CES2017調査報告~
今年の1月に米国ラスベガスで世界最大級の家電見本市(CES)が開催されました。50周年となる今回は人工知能を搭載したロボットや自動運転車の展示が多く見られました。また、グローバル電機メーカーだけでなく、GoogleやAmazonといったプラットフォーマーや、NVIDIA、Intel、Qualcommといった半導体関連企業が社会全体を変革するような提案をしていることが特徴的でした。本稿では、講演内容や展示内容から見えてきた潮流を確認しながら、今後の日本の課題や対応について考えます。
No.267 2016年のインバウンドの動向
2016年の訪日外国人数は、前年比21.8%増の2,404万人となり、初めて2,000万人を上回りました。インバウンド消費は前年比7.8%増の約3.7兆円となり、過去最高となりました。政府は2016年3月に策定した「明日の日本を支える観光ビジョン」の中で、2020年に訪日外国人数を4,000万人、インバウンド消費を8兆円にするとの目標を掲げています。本稿では、2016年のインバウンドの動向を、消費や宿泊に着目して分析し、目標達成に向けた課題について考察を行いました。

設備投資計画調査

全国設備投資計画調査(大企業)

DBJが毎年1回実施している、民間法人企業を対象とした設備投資計画調査です。1956年以来50年以上にわたり毎年継続している大企業(資本金10億円以上)の設備投資動向調査となります。

地域別設備投資計画調査

DBJでは、地域別設備投資動向の把握を目的として、「地域別設備投資計画調査(調査対象企業:原則として資本金1億円以上の民間法人企業)」を年1回発表いたしております。

各種レポート・刊行物

調査

日本の経済社会が直面する様々な課題を先駆的に取り上げ、今後進むべき道筋を描いたレポートです。

DBJ  Monthly Overview

内外の経済産業動向を、月次の景気指標と簡潔なコメントで解説したレポートです。

経済経営研究

当行設備投資研究所の研究成果です。

設備投資研究所

地域調査研究

地域の諸問題に関する調査研究の成果をご紹介するレポートです。

地域・海外レポート

内外の地域動向に関するレポートです。

その他

各種レポートを掲載しています。

刊行物紹介

各種刊行物を掲載しています。

ページ先頭

ページトップへ