ホーム > IR情報 > DBJについて > 経営体制

経営体制

DBJは、株式会社日本政策投資銀行法の下、DBJの「企業理念」等に則り、様々なステークホルダーとの間で公正かつ良好な関係を構築することにより、長期的な視点に立って企業価値の向上を図ることを経営の基本方針としています。この基本方針に則り、適正かつ効率的な業務遂行を確保できるよう、意志決定の透明性を高めるとともに、監視・監督機能が適切に組み込まれたコーポレート・ガバナンス体制の構築に努めています。

また、経営の透明性確保、コーポレートガバナンス強化の観点から、社外取締役を選任しています。あわせて、外部有識者から構成するアドバイザリー・ボードを設置しています。

図

1.DBJの組織・体制

DBJは、経営と執行を分離した体制を敷いています。取締役会は、経営監督を行うべく銀行運営の基本方針や経営戦略を決定し、業務遂行状況の監督に専念する一方、代表取締役を含む執行役員は経営会議を組織し、日常の業務執行を行っています。また、業務監査委員会、報酬委員会等の取締役会レベルの委員会による内部牽制機能も充実させているほか、監査役が取締役の業務執行の適法性を監視しています。

2.内部管理態勢

DBJは、内部統制システムに関する基本方針を取締役会決議により定めています。リスク管理は、取締役会と業務監査委員会、報酬委員会等を頂点としています。リスク管理は、ALM委員会により遵行され、取締役会は当該委員会の重要決定事項について承認を与えるとともに、リスク管理に関する報告を受けることにより、適切に企業統治、業務遂行を行っています。

3.人事戦略

DBJは、従業員が高いモチベーションと、誇りを持って働ける職場とするために、「『理念を共有する高い倫理観』を持つ人材の発掘・育成」「風通しのよい職場環境の創造」に努めています。

4.コンプライアンス態勢

法令等の遵守
DBJは、法令諸規則等の遵守を徹底するために、コンプライアンスについての方針を定め、コンプライアンス重視の企業風土を醸成することに努めています。
コンプライアンス態勢
DBJでは、コンプライアンス態勢の整備・確立が、お客様からの信頼維持や業務の健全性・適切性確保のため必要不可欠であると認識し、これを経営における最重要課題の一つとして位置づけて、以下の様な取組みを行っています。
  • コンプライアンス体制の整備と運用
    DBJでは、コンプライアンス等に関する審議機関として、役員を構成員とする一般リスク管理委員会を設置しています。また全部店に配置されたコンプライアンスオフィサーが、各部店で遵守状況の確認を行うとともに、コンプライアンス関連事項の報告・連絡窓口として機能しています。さらに、コンプライアンスに関する問題を早期に把握し解決するため、通常の職制ラインによる報告ルートとは別に、内部通報窓口「コンプライアンス・ホットライン」を設けています。
  • コンプライアンス関連事項の周知
    DBJでは役職員一人ひとりがコンプライアンスを実践するため、コンプライアンスマニュアルを策定、配布のうえ、研修・説明会の実施等によりその内容の周知徹底を図っています。
  • コンプライアンスプログラムの策定
    コンプライアンス実践のための具体的な行動計画として、年度毎にコンプライアンスプログラムを策定しています。

5.内部監査態勢

DBJでは、内部監査部門として、執行部門から独立した取締役社長直属の部署として監査部を設置し、当行の業務運営全般にかかる法令等遵守、リスク管理を含む内部管理態勢の適切性・有効性について検証を行い、その評価及び改善のための提言を実施しております。

ページ先頭

ページトップへ