ホーム > DBJ News > 2012年03月 > [[News]]リコーリース(株)に対し、 「DBJ環境格...

DBJ News

2012年03月30日

[[News]]リコーリース(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく初の環境配慮型証券化を実施
-エコリース機器を主としたリース料債権証券化-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、リコーリース株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:有川貞広、以下「当社」という。)に「DBJ環境格付」を付与し、環境配慮型機器のリースに係るリース料債権(以下、「エコリース債権」という。)を主な裏付資産とする証券化(以下「環境配慮型証券化」という。)を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて投融資条件を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての投融資メニューです。

 本件は、「DBJ環境格付」に基づいて、エコリース債権の証券化手法により資金調達を行う初めての事例であり、本証券化を通じ、当社のバランスシートスリム化、及び更なる環境配慮型機器の取得を後押しし、当社が進めるエコリース普及の支援を図るものです。

 当社は、事務機器等のリースの他、割賦事業や金融サービス事業を行うリース事業会社であり、これら金融サービス事業において、(1)環境配慮型の機器の普及・拡大、(2)リース終了製品の回収・再資源化の促進、(3)環境コミュニケーションの強化、を3本柱として環境に配慮したオフィスの実現に努めています。

 今回の格付評価では、(1)平成20年度からスタートした中期環境経営計画の遂行に当たり、環境経営度評価システムによる自己評価を行い、毎年の改善を通じてEMS(Environmental Management System)の高度化を進めてきた点、(2)事業活動における環境負荷の低減に全社挙げて取り組んでおり、特に「イメージワークフローシステム」導入による紙使用量の削減や、「エコドライブコンテスト」などを通じて営業車両のガソリン使用量を3期連続して削減したことで、相対的に環境負荷が少ない、効率的なリースサービスを提供している点、等を高く評価しました。
 その結果、当社は「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


〔環境配慮型証券化の概要〕

 リース債権信託委託者   : リコーリース株式会社
 受益権譲受人 : 株式会社日本政策投資銀行
 受益権譲渡額 : 約170億円

 【お問い合わせ先】
 企業金融第2部 電話番号03-3244-1660

ページ先頭

ページトップへ