ホーム > DBJ News > 2012年07月 > [[News]](株)エフピコに対し、 「DBJ環境格付」...

DBJ News

2012年07月24日

[[News]](株)エフピコに対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-循環型社会の実現を目指す企業活動を支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社エフピコ(本社:広島県福山市、代表取締役:小松安弘、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施します。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。

 当社は、スーパーやコンビニ等で使用される食品トレーを製造する業界最大手企業です。使用されたトレーの回収に20年以上にわたって取り組み、その活動を全国に定着させてきました。また、回収トレーを再生原料として使用した「エコトレー」を生産し、その普及に努めています。

 今回の環境格付では、(1)リサイクル体制を拡大進化させ、トレーに加えペットボトルの回収体制も整備し、新たなリサイクルシステム「ボトルtoトレー」を構築している点、(2)物流の更なる効率化・高品質化を図るため、リサイクルネットワークを再編している点、(3)リサイクルを啓発するため、ステークホルダーに対して積極的に情報提供を行い、工場見学者数および外部講演者数が年間2万人に達している点等を、拡大生産者責任を果たし、持続可能な社会の構築を目指す取り組みとして高く評価しました。

 その結果、当社は平成22年度に続き、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得することとなりました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 中国支店 電話番号082-247-4933

ページ先頭

ページトップへ