ホーム > DBJ News > 2012年10月 > [[News]]TDK(株)に対し、「DBJ環境格付」に基づ...

DBJ News

2012年10月04日

[[News]]TDK(株)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-2回連続で特別表彰を受賞-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、TDK株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:上釜健宏、以下「TDK」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ 環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 TDKは、セラミックコンデンサやHDD用磁気ヘッド、産業向け電源装置等で世界的シェアを有する電子材料・電子部品の大手メーカーです。企業理念である社是「創造によって文化、産業に貢献する」を実践すべくCSR活動を推進するとともに、2011年に策定した「TDK環境活動2020」に沿って、極めて優れた水準で環境経営を展開しています。

 今回の評価では、(1)優良環境配慮製品「ECO LOVE 製品」の階層化等により、多彩な環境配慮製品を供給する体制を確立している点、(2)CSRチェックシートによる自己診断やCSR監査の実施等により、川中企業としてCSRサプライチェーン・マネジメントに取り組んでいる点、(3)「CSR観点での重要な活動項目」それぞれにコミットメントを設定し、CSR経営の高度化とステークホルダーからの信頼確保に努めている点、等を高く評価しました。

 また、電子部品業界では初めて、生産活動に伴うCO2排出量と製品によるCO2削減貢献量をバランスさせる「カーボンニュートラル」の達成を2020年度目標に掲げ、自社部品によるCO2削減貢献量の可視化・定量化に向けた取り組みを開始したこと、および関連業界団体と協働しながら算定基準の標準化に努めていることは、わが国の産業界全体を先導する取り組みとして特筆に値すると評価しております。

 その結果、TDKは、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付および特別表彰(最高ランク評価の中でも評価点200点(最高点250点)を超える企業を対象)を、平成22年度に続き、2回連続で受けることになりました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営の推進に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 企業金融第2部 MST班 電話番号03-3244-1660

ページ先頭

ページトップへ