ホーム > DBJ News > 2013年04月 > [[News]]日本ノボパン工業(株)に対し、 「DBJ環...

DBJ News

2013年04月02日

[[News]]日本ノボパン工業(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、日本ノボパン工業株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:山本拓、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという世界で初めての融資メニューです。

 当社は、建築・家具用建材であるパーティクルボードの国内最大手のメーカーであり、「資源の最大限の有効活用」という企業理念の下、建築廃材を用いた環境配慮型製品の供給とともに、自らの環境負荷低減を推進することで、事業経営と環境経営を一体的に実践しています。

 本件は、環境経営の取り組みを強化する当社に対して、木質材料の有効活用に資する設備投資を対象として、「DBJ環境格付」に基づき融資を実施したものです。

 今回の評価では、(1) 製造工程における電力、廃棄物などの削減目標を掲げ、バイオマスボイラーや生産効率の高い生産設備の導入などにより、自社の環境負荷低減を実現している点、(2) 本業であるパーティクルボードの製造を通じ、マテリアルリサイクルを実践していることに加え、原料に適さない木質材料をサーマルリサイクルに活用することで、多様な木質材料をリサイクルしている点、(3) 同業他社に先駆けて「広域認定制度」を取得し、当社製品の回収を通じより一層効率的な資源循環体制を整備している点、等を高く評価しました。
 
 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 関西支店 企画調査課 電話番号06-4706-6455

ページ先頭

ページトップへ