ホーム > DBJ News > 2013年04月 > [[News]]三井化学(株)に対し、 「DBJ健康経営(...

DBJ News

2013年04月18日

[[News]]三井化学(株)に対し、
「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」(特別表彰)
に基づくシンジケート・ローンを組成
-画期的な体制・仕組みにより「健康経営」に積極的に取り組む企業活動を支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、三井化学株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中稔一、以下「三井化学」という。)に対し、総額170億円の健康経営シンジケート・ローン(注1)を組成しました。

 「DBJ健康経営格付」融資は、独自の評価システムにより、従業員の健康配慮への取り組みの優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 三井化学は、ポリオレフィンに加え、エラストマーや機能性コンパウンド製品を中心とする各種機能樹脂、メガネレンズモノマーや衛生材料を中心とする機能化学品等、多彩なフィールドへ事業展開を行う三井系の総合化学メーカーです。特に、重合触媒ならびに石油化学の製造プロセス、各種樹脂の高付加価値化において、世界トップクラスの技術力を有しております。
 また、三井化学は、健康経営分野において、労働衛生規則に「社員の健康は会社の健康に直結する」という理念を掲げるように、従業員の健康づくりを経営課題として明確に位置付け、取り組みを強化している点が極めて特徴的であります。

 今回の評価では、(1)健康づくりの基盤となる社員個々の意識付けのために健康関連研修および健康づくり活動を計画的かつ積極的に行い、充実した教育機会を提供している点、(2)複数のストレス調査を基に職場環境の把握に努め、必要に応じて職場管理職にその改善策の検討・立案を指示している点、(3)各種健康関連施策の前提となる基盤として、産業医が組織のラインマネジャーを務め、従業員の健康づくりに対しての責務と権限を有している点、(4)従業員の健康状態に関する各種の分析内容あるいは健康づくりに係る目標と達成度評価を、各種媒体を通じ外部に情報開示している点、等を高く評価しました。
 
 その結果、最高ランクとなる「従業員の健康配慮の取り組みが特に優れている(特別表彰)」(注2)の格付を付与することを決定しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、健康経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


(注1)健康経営シンジケート・ローンの概要

アレンジャー兼ファシリティ・
エージェント
DBJ
ペイイング・
エージェント
山口銀行
貸出人
DBJ、太陽生命保険、青森銀行、
筑波銀行、千葉興業銀行、
八十二銀行、北國銀行、百五銀行、
滋賀銀行、
山口銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行、
親和銀行、徳島銀行、
愛知県信用農業協同組合連合会、
他、合計19金融機関

(注2)特別表彰とは、最高ランクの中でも80%以上の得点率を取得した企業に対して特別に与えられるものです。


 【お問い合わせ先】
 企業金融第1部 電話番号03-3244-1680
 シンジケーショングループ 電話番号03-3244-0006

ページ先頭

ページトップへ