ホーム > DBJ News > 2013年12月 > [[News]]双日(株)による青森県むつ小川原地区での太陽...

DBJ News

2013年12月25日

[[News]]双日(株)による青森県むつ小川原地区での太陽光発電事業に対し、
プロジェクトファイナンスを組成
-再生可能エネルギーの普及を促進する企業活動を支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、双日株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤洋二、以下「双日」という。)グループが青森県上北郡六ケ所村の「むつ小川原開発地区」(新むつ小川原株式会社所有地)において計画している大規模太陽光発電事業に対し、総額195億円のプロジェクトファイナンスを組成しました。

 双日は、これまで展開してきたドイツに加え、国内でも本件はじめ4ヶ所で太陽光発電事業を計画しており、再生可能エネルギー発電事業の基盤構築を目指すとともに、事後開発・運営ノウハウの蓄積を図っています。また、本件対象事業は、パネル容量71メガワットと、東日本において最大級の太陽光発電所となります。

 本件プロジェクトファイナンスは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づく東北電力株式会社への売電収入を返済原資としており、コ・アレンジャーである株式会社三菱東京UFJ銀行とともに、青森県および近隣の地域金融機関(株式会社青森銀行、株式会社みちのく銀行、株式会社岩手銀行、株式会社秋田銀行、株式会社北洋銀行)を協調融資行として、東北地方における再生可能エネルギーの活用促進を支援するものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、再生可能エネルギー普及につながるお客様の取り組みを今後も積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第3部 電話番号03-3244-1990

ページ先頭

ページトップへ