ホーム > DBJ News > 2014年04月 > [[News]]東燃ゼネラル石油(株)に対し、 「DBJ健...

DBJ News

2014年04月24日

[[News]]東燃ゼネラル石油(株)に対し、
「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」(最高ランク)
に基づく融資を実施
-石油業界初の健康格付取得・特別表彰を受賞-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、東燃ゼネラル石油株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:武藤潤、以下「当社」という。)に対し、「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」(以下「DBJ健康格付」という。)に基づく融資を実施しました。

 「DBJ健康格付」融資は、独自の評価システムにより、従業員の健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社を中核とする東燃ゼネラルグループ(以下「当社グループ」という。)は、日本に根差した最も優れたエネルギー企業として、「良質な製品の安定供給」、「付加価値の高いサービスの提供」、「顧客・株主・従業員・地域社会への貢献」の基本理念を掲げ、付加価値の高い石油製品を市場に供給するとともに、エネルギーを低廉かつ安全に、そして安定的に社会へ供給する経営体制の構築に努めています。

 今回の評価では、以下の点を評価しました。

 (1)健康経営の取り組みの基盤として、産業保健機能に注力した健康管理部門を独立組織化し、産業医・保健師・産業衛生技術者(インダストリアルハイジニスト)が一体となり、グループ全社に対して化学物質曝露リスク対策を含んだ健康施策に包括的に取り組んでいる点
 (2)独自のマネジメントシステムであるOIMS(Operations Integrity Management System: 完璧操業のためのマネジメントシステム)を全社統一ルールとして導入し、労働安全のみならず健康施策についても各事業所で定期的にチェックを実施している点
 (3)グループの現状を踏まえた中長期的な数値目標を、生活習慣病、メンタルヘルス各々の分野でアウトプット、アウトカム双方の観点から設定している点

 その結果、当社グループは、「従業員の健康配慮への取り組みが特に優れている」という最高ランクの格付を取得するとともに、格付評点が傑出して高いモデル企業のみが該当する特別表彰を受賞することとなりました。なお、石油業界における「DBJ健康格付」取得は初めての事例となります。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、健康経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第5部 電話番号03-3244-1636

ページ先頭

ページトップへ