ホーム > DBJ News > 2014年07月 > [[News]](株)ナガトに対し、 「DBJ環境格付」・...

DBJ News

2014年07月30日

[[News]](株)ナガトに対し、
「DBJ環境格付」・「地域元気プログラム」
に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社ナガト(本社:広島市南区、代表取締役社長:内田弘之、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」と「地域元気プログラム」の両方に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 また、「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みとして、平成22年5月に開始したものです。中国支店においては、「中国地域をもっと元気にする三本の矢!」をテーマに、ものづくり産業の競争力強化に加え、社会経済インフラの防災力の強化、医療福祉・情報通信サービスの整備、人材・雇用形態のダイバーシティの促進等の取り組みを、情報面・資金面からサポートしています。

 当社は、中国地方トップクラスの輸送用機械部品などの熱処理加工事業者です。主にマツダ車およびトヨタ車に供されるミッション、足まわり部品に関し、材料に応じた処理技術を持ち、部品の強度向上および軽量化を図る主体的提案を強みとしています。

 今回のDBJ環境格付では、以下の点を特に評価しました。

 (1)インセンティブを用いて小集団活動を推進し、新しい処理技法の開発や作業工数の低減など、生産技術の開発や工程改善を促進している点
 (2)不良品に係るコストを集計し可視化して管理面での目標対象とすることで、生産工程での歩留の向上に努め、現場レベルでの省資源化と収益性向上とを同時に実践している点
 (3)顧客の要求に応じて多様な熱処理手法を自在に組み合わせ、複雑な形状の部品の小型化、軽量化、耐久性向上、点数削減などを実現し、自動車などの最終製品の環境性能を向上させている点

 また、本件は、主力工場の設備更新など当社経営の効率化を図る取り組みが、中国地域のものづくり産業の成長に資するとして、中国支店の地域元気プログラム「中国地域をもっと元気にする三本の矢!」の対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後も環境経営や地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 中国支店 電話番号082-247-4311

ページ先頭

ページトップへ