ホーム > DBJ News > 2014年08月 > [[News]] (株)ヤオコーに対し、 「DBJ健康経営...

DBJ News

2014年08月13日

[[News]] (株)ヤオコーに対し、
「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施
-小売業界初の健康経営格付取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社ヤオコー(本社:埼玉県川越市、代表取締役社長:川野澄人、以下「当社」という。)に対し、「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」および「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ健康格付」および「DBJ BCM格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の従業員の健康配慮への取り組みや防災・事業継続への取り組みを評点化、優れた企業を選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。

 当社は、埼玉県を中心に首都圏に食品スーパーマーケットチェーンを展開しており、創業以来「生活者の日常の消費生活をより豊かにすることによって、地域文化の向上・発展に寄与する」ことを経営理念として、豊かで楽しい食生活提案型スーパーマーケットとして地域のお客様から高い支持を得ています。

 今回の評価では、以下の点を評価しました。

【DBJ健康経営格付】

 (1)多様な雇用形態を有する中で、短時間勤務社員まで含めて健康診断受診を促すとともに、産業医等の専門家と連携して健診・労務時間データ等を綿密に経過観察している点
 (2)自社の喫煙リスクに対し、総合健保と連携して、禁煙外来の費用補助や喫煙に係る勉強会等を実施し、業界平均を上回る喫煙率の低下を実現した点
 (3)商品開発のコンセプトに「健康」を掲げ、専門部署を立ち上げて顧客に健康的な食生活を提案している点

【DBJ BCM格付】

 (1)社員と顧客の生命安全確保を第一に、耐震化対策や安否確認訓練を実施する等、大規模地震による店舗営業中断リスク低減に注力している点
 (2)重要な情報資産について複数のデータセンターへの移管を促進し、データセンターの内部統制や電源確保状況等を定期的に監査している点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、健康経営や有事における事業継続の推進に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第3部 電話番号03-3244-1990

ページ先頭

ページトップへ