ホーム > DBJ News > 2014年10月 > [[News]]大口酒造(株)に対し、 「DBJ環境格付」...

DBJ News

2014年10月02日

[[News]]大口酒造(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、大口酒造株式会社(本社:鹿児島県伊佐市、代表取締役社長:向原英作、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという世界で初めての融資メニューです。

 当社は、良質な水や厳選された原料等を活かし、焼酎王国・鹿児島県において最も飲まれる銘柄の一つである「黒伊佐錦」等を製造する本格焼酎メーカーです。環境経営分野においては、平成18年に全社でエコアクション21認証を取得し、継続的に環境マネジメントシステムを展開しながら、資源有効活用を通じて循環型社会の形成に貢献しています。

 今回の評価では、以下の点を評価しました。

 (1)「南九州における900ml茶びんの統一リユースシステムモデル事業」として平成16年より先駆的に「R900ビン」を導入し、リターナブルビンの回収ルートを確立し再利用を促進していることに加え、消費者に対して試飲会等を通じた啓発普及活動に取り組んでいる点
 (2)「R900ビン」の再利用に伴うCO2削減量を定量的に算定・公表し、ステークホルダーに対して製品を通じた環境への貢献度合いをわかりやすく明示している点
 (3)養豚へのリキッドフィーディングなど焼酎粕の有効利用を通じて食品廃棄物を100%再生利用し、原料の米・サツマイモの生産について地域食品循環システムの構築に努めている点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 南九州支店 業務課 電話番号099-226-2666

ページ先頭

ページトップへ