ホーム > DBJ News > 2014年12月 > [[News]]ミネベア株式会社との共同投資による 独Sa...

DBJ News

2014年12月22日

[[News]]ミネベア株式会社との共同投資による
独Sartorius Mechatronics T&H GmbHの株式取得について

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、ミネベア株式会社(本社:長野県北佐久郡、社長:貝沼由久、以下「ミネベア」という。)と共同投資により、Sartorius Mechatronics T&H GmbH(本社:ドイツ、以下「Sartorius MTH」という。)の発行する株式をミネベア51%、DBJ49%の割合にてSartorius Aktiengesellschaft(本社:ドイツ、以下「Sartorius AG」という。)より取得することについて、平成26年12月19日に契約を締結しました。

 Sartorius MTHは、研究機関およびバイオ事業者向け試験機器メーカーであるSartorius AGの一部門として、ドイツを中心とする欧州において、高度な正確性が必要とされる食品、飲料、化学、製薬分野の計量器および検知器を製造販売しています。特にハイエンド製品に強みを有しており、今後は、高精度な検知に対する需要が高まることが見込まれることから、X線探知器や金属探知器等、検知器分野の成長も期待されています。

 ミネベアは、平成25年に発表した「5本の矢戦略」の中で、計測機器事業を注力分野の一つとして掲げています。本件共同投資は、ミネベアとSartorius MTHとの間における事業上、また、技術的なシナジーを通じて、同社計測機器事業のさらなる成長に資するものであり、わが国産業競争力の強靭化に向け、DBJが支援する意義は高いものと考えています。

 DBJは、「成長戦略支援のための付加価値創造型エクイティ投資(VG投資プログラム)(※)」として、平成24年2月にミネベアとの間で締結した業務・資本提携に基づき、M&A戦略、資本戦略等を中心とするノウハウ・情報ネットワーク等によるサポートを行ってきました。本件は、同プログラムに基づく成長戦略支援を目的とする共同投資であり、ミネベアの企業価値向上に貢献できるものと考えています。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後もお客様の企業価値向上に向けた取り組みを積極的に支援してまいります。


(※)「成長戦略支援のための付加価値創造型エクイティ投資(VG投資プログラム)」の取り組みについては、関連PDFをご覧ください。(VG投資プログラム = “Value for Growth” Investment Program)


【お問い合わせ先】
 経営企画部 広報・CSR室 電話番号03-3244-1180

ページ先頭

ページトップへ