ホーム > DBJ News > 2014年12月 > [[News]](株)セイコーマートに対し、 「DBJ健康...

DBJ News

2014年12月26日

[[News]](株)セイコーマートに対し、
「DBJ健康経営格付」・「地域元気プログラム」
に基づく融資を実施
-北海道初の健康経営格付取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社セイコーマート(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:丸谷智保、以下「当社」という。)に対し、「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付(以下「DBJ健康格付」という。)」と「地域元気プログラム」の両方に基づく融資を実施しました。

 「DBJ健康格付」融資は、独自の評価システムにより、従業員への健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 また、「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。北海道支店では、「北海道の成長を牽引する食のバリューチェーン強化」をテーマのひとつにして、北海道の企業に対して情報面・資金面でのサポートに取り組んでいます。

 当社は、昭和49年に設立された、北海道最大手のコンビニエンスストア「セイコーマート」のチェーン本部です。グループにて、原材料の生産・調達から加工、製造、物流、販売まで一貫して行う体制が構築されているほか、北海道の96.6%の自治体に店舗展開する地域密着型の経営を行っています。

 今回の格付評価では、以下の点を高く評価しました。

 (1)法定要求水準以上の項目まで含んだ健康診断を実施するとともに、グループ人事部からの督促の徹底や地方の事業所での健診バスの活用により、健診受診率100%を維持している点
 (2)毎月、所属長に対して長時間労働対象者の直近3ヶ月分の時間外労働時間実績を通達し、面談を実施して改善策を協議している点
 (3)メンタルヘルス対策に関する実施体制を整備し、今年度より通信教育講座を導入して受講費の金銭的補助を実施している点

 また、本件は、北海道内における新規出店と、店内で調理した総菜などを販売する「ホットシェフ」の充実を含む既存店舗の更新等の資金を使途としています。地域の生活インフラとしての店舗網拡充と、北海道産の一次産品を活かした加工や商品開発を行うことで食材の高付加価値化を実現している当社の取り組みを、地域元気プログラムの対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、健康経営や地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 北海道支店 業務第二課 電話番号011-241-4113

ページ先頭

ページトップへ