ホーム > DBJ News > 2015年03月 > [[News]](株)IHI機械システムに対し、 「DBJ...

DBJ News

2015年03月19日

[[News]](株)IHI機械システムに対し、
「DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付」
に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社IHI機械システム(本社:東京都港区、代表取締役社長:瓦谷立身、以下「IHI機械システム」という。)に対し、「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」(以下「DBJ健康格付」という。)に基づく融資を実施しました。

 「DBJ健康格付」融資は、独自の評価システムにより、従業員の健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 IHI機械システムは、真空熱処理・真空浸炭処理等の工業炉および自動車タイヤ用カレンダー等の産業機械を製造・販売する、当該業界において有数の地位にあるメーカーです。同社は、「健康管理は最重要経営項目の一つであり、個人および職場の意識向上により健康で明るい職場を目指す。」を基本方針に掲げ、中央安全衛生推進委員会を中心とした全社統括的な健康管理体制の整備を進めております。

 今回の評価では、以下の点を高く評価しました。

(1)適時適切に労働安全衛生に係るリスクアセスメントを実施し、中央安全衛生推進委員会において年2回トップマネジメントに報告を行うことで安全衛生活動を推進していることに加え、リスク対策の優先順位に応じた低減措置を検討・実施する仕組みを構築している点
(2)血圧計等の簡易測定器や健康器具を備えたリフレッシュルームを全事業所において設置しているほか、短時間勤務やフレックス制度、繰越年次有給休暇制度といった復職支援制度を設ける等、従業員が健康な状態で安心して働くことのできる職場環境を整備するために、ハード・ソフト両面の対策を実施している点
(3)本宮事業所独自の取り組みとして、保健師を活用してメンタル不調者やメタボリックシンドローム対象者の早期発見に努めているほか、東日本大震災後はストレスチェックを行い、その内容を所属長や労働組合と共有化することで、従業員の健康保持・増進に主体的かつ積極的に関与している点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、健康経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第1部 電話番号03-3244-1680

ページ先頭

ページトップへ