ホーム > DBJ News > 2015年10月 > [[News]]住友金属鉱山(株)に対し、 「DBJ環境格...

DBJ News

2015年10月16日

[[News]]住友金属鉱山(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、住友金属鉱山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中里佳明、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。

 当社は、天正18年(1590年)創業の非鉄メーカーで、「住友の事業精神に基づき、地球および社会との共存を図り、健全な企業活動を通じて社会への貢献とステークホルダーへの責任を果たし、より信頼される企業をめざします」とのグループ経営理念に則り、資源開発、非鉄金属の製錬、最先端技術を活用した電子・機能性材料の開発という、ものづくりの最上流工程から、人々の生活に欠かせない金属素材の開発・販売まで、一貫したビジネスを展開しています。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)生物多様性保全が重要側面であると認識し、地域住民やNGO団体をはじめとしたステークホルダーと対話しながら、休廃止後まで含めた鉱山・精錬プロジェクトのライフサイクル全体を通じた環境影響の把握・低減に継続的に努めている点
(2)独自かつ高度な技術力を背景に低品位鉱・難処理鉱を資源化する技術を世界に先駆けて商業化することに成功し、その利用量をKPIに定めながら資源の有効活用を推し進めている点
(3)環境側面のみならず、広範な社会課題の中から、自社への影響と社会的要請の両面から「重点6分野」および重点課題を特定し、各分野に対応した部会がPDCAを通じて「2020年のありたい姿」の実現に取り組むプロセスを詳細に開示している点

 その結果、当社は、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第1部 電話番号03-3244-1680

ページ先頭

ページトップへ