ホーム > DBJ News > 2015年10月 > [[News]]住友精化 (株)に対し、 「DBJ環境格付...

DBJ News

2015年10月30日

[[News]]住友精化 (株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、住友精化株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:上田雄介、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、紙おむつに使われる高吸水性樹脂(SAP:Super Absorbent Polymers)をはじめ、各種ポリマー製品や医薬中間体向け精密化学品、産業ガス等ユニークな機能を有する製品を提供する化学品メーカーです。また、かねてより、製品のライフサイクル全体にわたって「環境・安全・健康」を確保し社会との対話を行う「レスポンシブル・ケア(RC)活動」を通じて、環境保全を積極的に推進するとともに、不断のプロセス改善を通じて環境負荷低減に貢献しています。

 今回の格付では、以下の点を評価しました。

(1)「設備設計管理基準」に基づき、研究開発から運用に至る製造プロセスの各ステージで定期的にリスクアセスメントを実施し、設備の安全性徹底および環境配慮に努めるなど、RC活動に基づく高度な環境管理に取り組んでいる点
(2)化学物質の安全で高効率な実用的合成法の開発に伴う有害物質の削減など、独自技術による環境配慮に取り組んでいる点
(3)環境・安全面でのノウハウ蓄積等により、直近3期の環境パフォーマンスデータを原単位で改善させるとともに、国内拠点において無災害記録を更新している点

 その結果、当社は、「環境への配慮に対する取り組みが先進的」であるという格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 関西支店 企画調査課 電話番号06-4706-6455

ページ先頭

ページトップへ