ホーム > DBJ News > 2016年01月 > [[News]]大分エル・エヌ・ジー(株)に対し、 「DB...

DBJ News

2016年01月28日

[[News]]大分エル・エヌ・ジー(株)に対し、
「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施
-大分県初のBCM格付取得、最高ランクを取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、大分エル・エヌ・ジー株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役社長:荘野尚志、以下「当社」という。)に対し、「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ BCM格付」は、DBJが開発した独自の評価システムにより、防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、九州電力株式会社グループの液化天然ガス(LNG)の供給事業者であり、LNG安定供給の確保という重要な社会的使命に応えるべく、ハード対策と早期復旧訓練を基盤とした高度な事業継続対策を進めています。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)南海トラフ巨大地震等の被災を想定して災害対策投資を実施する等、物的経営資源の保安対策を徹底している点
(2)主要設備ごとに災害ケースを想定の上、各設備の復旧手順をマニュアル等に定め、毎月異なるテーマの事故処置訓練を実施することで復旧作業の実効性を向上させている点
(3)重要業務の実施に不可欠な経営資源(主要設備や運転要員)に関するボトルネック解消に計画的に取り組んでいる点

 その結果、当社は、「防災および事業継続への取り組みが特に優れている」という最高ランクの格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、有事における事業継続の推進に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 九州支店 業務課 電話番号092-741-7734

ページ先頭

ページトップへ