ホーム > DBJ News > 2016年02月 > [[News]]サトーホールディングス(株)に対し、 「D...

DBJ News

2016年02月19日

[[News]]サトーホールディングス(株)に対し、
「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」
に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、サトーホールディングス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役執行役員社長:松山一雄、以下「当社」という。)に対し、「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」(以下「DBJ健康格付」という。)に基づく融資を実施しました。

 「DBJ健康格付」融資は、独自の評価システムにより、従業員の健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、バーコードやICタグなど自動認識ソリューションでお客様の現場の「正確・省力・省資源」の実現を本業としており、「社員が顧客価値創造におけるすべての基盤である」という観点から、社員がいきいきと働くことができるよう、健康増進や効率的な業務を推進する健康経営に本格的に取り組んでいます。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)最高健康経営責任者(CWO)を新たに任命し健康経営のトップマネジメント体制を整備し、健康経営に係る基本方針「サトーグループ健康経営宣言」、「健康経営中期計画」および年度ごとの健康経営アクションプランを策定し、これらを開示している点
(2)全員参画型の健康経営を実現するべく、既存の「三行提報(注)」システムを活用し、具体的な施策の立案と実装がなされることに加え、部門長主導でスポーツイベントなどを企画、運営し健康施策の実践に取り組んでいる点
(3)将来的な全社完全禁煙化に向けた組織的な取り組みを進めているほか、「わたしの健康目標制度」と「健康増進アクション手当」を導入し、従業員個人の健康PDCAを促すためのインセンティブ制度を有している点

 DBJ は、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、健康経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(注)三行提報とは、全社員が現場でキャッチしたさまざまな情報やアイデアを三行(127文字)にまとめて毎日経営トップに直接報告する当社独自の仕組み。


【お問い合わせ先】
 企業金融第2部 電話番号03-3244-1117

ページ先頭

ページトップへ