ホーム > DBJ News > 2016年02月 > [[News]](株)菅文に対し、 「DBJ 健康経営(ヘ...

DBJ News

2016年02月25日

[[News]](株)菅文に対し、
「DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付」および
「地域元気プログラム」に基づく私募債の引受を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社菅文(本社:岩手県二戸市、代表取締役社長:菅陽悦、以下「当社」という。)に対し、「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」および「地域元気プログラム」に基づき私募債の引受を実施しました。なお、本件は、DBJのグループ会社であるDBJ証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:酒巻弘)が私募債の取り扱いを行い、株式会社岩手銀行と協調して私募債の引受を実施するものです。

 「DBJ健康経営格付」は、DBJが開発した独自の評価システムにより、従業員への健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。また、「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みで、東北支店では「新しい東北の産業創成」というテーマに合致する生産・販売・経営面の先進的・創造的な取り組みを、情報面・資金面からサポートしています。

 当社は、岩手県および青森県でホームセンター12店舗とガソリンスタンド3店舗、建材販売、リフォーム等を展開する地域密着型の事業者です。地域社会の住まいと暮らしを豊かにするため、住まいに関するあらゆるニーズに対して解決策を提案することを目指しており、最近では地域の高齢化に対応して、配達サービスや、住まいの便利サービスも行っています。

 DBJは、当社を東北支店の「地域元気プログラム」の対象として認定するとともに、「DBJ 健康経営格付」において以下の点を評価しました。

(1)多様な雇用形態を踏まえ、経営サポート部によるきめ細やかな健康管理の対応を徹底することで、短時間勤務社員をも含めた高い健診受診率及び二次健診受診率を維持している点
(2)全社員の健康診断データを対象とした、部署別及び26種の疾患別に要精検者数推移分析に基づき、糖質代謝、血圧、肝機能など自社の従業員の健康課題を認識している点
(3)一般事業主行動計画を策定し、従業員のワークライフバランスの推進に取り組むとともに、「子育てるんるん支援ブック」や社内通信の発行により啓蒙啓発を図っている点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後も健康経営や地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 東北支店 企画調査課 電話番号022-227-8182

ページ先頭

ページトップへ