ホーム > DBJ News > 2016年03月 > [[News]]東燃ゼネラル石油(株)に対し、 「DBJ環...

DBJ News

2016年03月01日

[[News]]東燃ゼネラル石油(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、東燃ゼネラル石油株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:武藤潤、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めてのメニューです。

 当社を中核とする東燃ゼネラルグループ(以下「当社グループ」という。)は、エッソ・モービル・ゼネラルのブランドで全国に3,400ヶ所のサービスステーションを展開し、原油、石油・石油化学製品、電力などを扱う事業に携わっています。当社グループは「人々のくらしを支えるエネルギーの安定供給と優れた製品・サービスの提供を通じた、活力ある社会の発展」「限りある資源の有効活用と持続可能な地球環境の維持」「お客さま、従業員、株主、ビジネスパートナー、地域社会の方々に選ばれる価値、喜ばれる価値の創造」を使命に掲げています。

 今回の評価では、以下の点を評価しました。

(1)操業管理システム(OIMS)を通じて、全ての操業部門で体系的に環境管理のPDCAを実行する等、環境パフォーマンスのみならず、それを生み出すプロセス管理を重視している点
(2)各工場におけるエナジーリーダーの任命に加え、運転・技術部門それぞれの実務レベルで省エネ担当者を設置する等、グループ全体で省エネに取り組む体制を構築している点
(3)エネルギー効率改善に資する設備投資に加え、運転管理システムにより各装置から工場全体までの環境負荷を見える化し、目標値との乖離から改善余地を把握することで対応策を明確に特定している点

 その結果、当社グループは、平成26年に取得した「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」に続き、「DBJ環境格付」においても最高ランクの格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第5部 電話番号03-3244-1620

ページ先頭

ページトップへ