ホーム > DBJ News > 2016年03月 > [[News]](株)イチネンホールディングスに対し、 「...

DBJ News

2016年03月31日

[[News]](株)イチネンホールディングスに対し、
「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」
に基づく融資を実施
-3年連続の格付取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社イチネンホールディングス(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:黒田雅史、以下「当社」という。)に対し、3年連続となる「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」(以下「DBJ健康格付」という。)に基づく融資を実施しました。

 「DBJ健康格付」融資は、独自の評価システムにより、従業員の健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社を中核とするイチネングループは「自動車総合サービス(オートリース、自動車メンテナンス、燃料販売、車体修理管理サービス)」「ケミカル事業」「パーキング事業」「機械工具販売事業」「合成樹脂事業」の各事業をグループ全体で展開しています。「従業員の心の健康は、従業員とその家族の幸福な生活、活気のある職場のために重要な課題である」との基本方針にのっとり、従業員が働きやすい職場環境づくりに注力しています。

 今回の評価では、当社グループのケミカル事業・機械工具販売事業・合成樹脂事業を除く事業を対象とし、以下の点を高く評価しました。

(1)ストレスチェックをグループ全体に展開し、外部専門家を活用して性別・勤続年数・所属部署などの属性からストレスリスク値を算出し、高リスク者を対象にラインケア・セルフケア研修を実施するなど、メンタル面に対して重点的に取り組むと共に、対策のコスト効果についても継続的に検証している点
(2)トップコミットメントとして新たに健康経営に関する基本方針を社内に打ち出し、グループ全体で健康増進に取り組む旨を宣言することで、社員の意識付けに繋げている点
(3)健康保険組合や主要な健診機関との意見交換や積極的なコミュニケーションの実施により、レセプトデータを用いた分析結果の収集・把握を開始しているほか、生活習慣病予防を意識したオフィスの環境整備(姿勢チェックミラーやストレッチマークシール等のワークサイズを導入)を進めている点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、健康経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 関西支店 企画調査課 電話番号06-4706-6455

ページ先頭

ページトップへ