ホーム > DBJ News > 2016年03月 > [[News]] ホッカンホールディングス(株)に対し、 ...

DBJ News

2016年03月31日

[[News]] ホッカンホールディングス(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、ホッカンホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤常史)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するという、世界で初めての融資メニューです。

 ホッカン・グループは、北海道小樽市発祥であり、食缶や飲料缶等の容器製造と飲料等の充填を一貫して行っている容器・充填・機械製作メーカーです。製品の製造に当たっては、環境方針に基づき、適切な品質提供と環境保全の両立に取り組んでいます。

 今回の格付では、ホッカン・グループにおいて充填事業を担う株式会社日本キャンパックを対象とし、以下の点を評価しました。

(1)廃棄物の大部分を占める茶粕やコーヒー粕をバイオマスボイラー燃料に活用し、焼却灰を外部委託により肥料化しているほか、燃焼ガスを蒸気として熱回収し工程内利用する等、独自にゼロエミッションを継続している点
(2)業務効率化や生産プロセスの高度化をテーマとする小集団活動を全社に展開し、件数目標の設定およびインセンティブ制度の導入により積極的な改善提案を促し、結果として事業活動に伴う環境負荷の削減に繋げている点
(3)グループ各社と連携して、薄肉化・軽量化等の環境配慮型容器・生産システムに係る研究開発を推進し、バリューチェーン全体の環境負荷低減に貢献している点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 北海道支店 業務第二課 電話番号011-241-4113

ページ先頭

ページトップへ