ホーム > DBJ News > 2016年04月 > [[News]]アサヒグループホールディングス(株)に対し、...

DBJ News

2016年04月27日

[[News]]アサヒグループホールディングス(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、アサヒグループホールディングス株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:小路明善、以下「アサヒグループHD」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという世界で初めての融資メニューです。

 アサヒグループHDは、アサヒビール株式会社、アサヒ飲料株式会社等を有するグローバルな総合飲料食品グループです。経営理念として「最高の品質と心のこもった行動を通じて、お客様の満足を追求し、世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献します。」を掲げ、持続可能な社会の実現に貢献すべく、高度な環境・CSR経営を実践しています。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)「アサヒスーパードライ」缶350ml全数等を製造する際の電力を、自家発電分を除き全て「グリーン電力」で賄うほか、副産物・廃棄物の再資源化率100%を維持する等、製造工程における環境配慮を徹底している点
(2)「水源地の森保全活動」等、事業活動上の重要課題である水資源保全のための活動を実践していることに加え、サプライヤーに対しアンケートや定期的協議等を通じて環境・社会的配慮に関する状況把握や改善指導を実施する等、自社外領域も含めた環境・CSR面での配慮を精励している点
(3)広範な社会課題の中から「CSRの活動領域と重点テーマ」を特定し、「グループCSR推進会議」のもと、継続的にステークホルダーとの対話を行いながら、「中期経営方針」の達成に向けてESGへの取り組みを推進している点

 その結果、アサヒグループHDは、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第3部 電話番号03-3244-1990

ページ先頭

ページトップへ