ホーム > DBJ News > 2016年07月 > [[News]](株)翔栄に対し、「DBJ環境格付」・「地域...

DBJ News

2016年07月29日

[[News]](株)翔栄に対し、「DBJ環境格付」・「地域元気プログラム」
に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社翔栄(本社:群馬県伊勢崎市、代表取締役社長:堀川悟、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」および「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという世界で初めての融資メニューです。

 また、「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。企業金融第6部では、「ものづくり産地等においてグローバル化に対応し競争力の強化に資する事業」をテーマのひとつとして、関東甲信の企業に対して、情報面・資金面でのサポートに取り組んでいます。

 当社は、車載用タッチパネルの製造・販売業者です。当社は薄型ガラスタッチパネルの一貫生産ラインを構築しており、製造される高品質の抵抗膜式および静電容量式タッチパネルは、国内・海外自動車メーカーの純正品として採用されています。

 今回のDBJ環境格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)環境と経営は一体であるという考えに基づき、タッチパネル歩留や顧客クレーム等の環境や品質にかかる目標を位置付け、PDCAシートによって管理を徹底している点
(2)工程毎の歩留まりを可視化・分析することで、工程改善を推進し、生産効率の向上のみならず、リサイクルが困難であるガラスのインプットおよびアウトプットの削減に努めている点
(3)静電容量式を環境配慮製品と位置づけた上、販売拡大目標を掲げて対売上高比率を着実に伸ばしている点

 また、本件は、車載用タッチパネルの製品構成が抵抗膜式から静電容量式に移行することに伴い、必要な設備投資等に向けたものであり、当社の今後の更なるグローバル展開や企業競争力強化に資することから、「地域元気プログラム」の対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第6部 電話番号03-3244-1730

ページ先頭

ページトップへ