ホーム > DBJ News > 2016年10月 > [[News]](株)ホテル、ニューグランドに対し、 「D...

DBJ News

2016年10月03日

[[News]](株)ホテル、ニューグランドに対し、
「DBJ BCM格付」・「地域元気プログラム」に基づく融資を実施
-横浜市の重要な観光インフラに対する耐震対応を支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社ホテル、ニューグランド(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:濱田賢治、以下「当社」という。)に対し、「DBJ BCM格付」および「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ BCM格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより、防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 また、「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みであり、企業金融第6部では「ヒト・モノ・情報が集積、変化する地域事情に応じたインフラの整備・更新」をテーマに、首都圏の企業に対して、情報面・資金面でのサポートに取り組んでいます。

 当社は、大正15年に関東大震災の復興事業として横浜市と地元財界が中心となり設立されたホテル事業者で、当社のホテル本館は国の近代化産業遺産に選ばれる等、横浜観光のランドマークにもなっています。

 今回のDBJ BCM格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)施設面に係る防災対策を強化しつつ、安否確認体制の整備、従業員の防災意識の向上および初動対応の円滑化に資する施策を実施している点。
(2)宿泊業界では未だに浸透していない事業継続計画の策定および事業継続マネジメント体制の構築に着手している点。
(3) 横浜市との災害協定の締結および区・町内協議会を通じた対話や訓練により、地域との連携強化を図っている点。

 また、本件は、横浜市の重要な観光インフラの一つとなっているホテル本館の耐震工事および文化財保存改修工事の支援等を目的としたものです。歴史的建築物を維持・活用しながら観光インフラ整備を担い、横浜の文化を次世代へと継承していく本件の取り組みを、「地域元気プログラム」の対象として認定し、融資を実施しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、有事における事業継続の推進や地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。 

【お問い合わせ先】
 企業金融第6部 電話番号 03-3244-1730


ページ先頭

ページトップへ