ホーム > DBJ News > 2017年02月 > [[News]]マルハニチロ(株)に対し、 「DBJ BC...

DBJ News

2017年02月10日

[[News]]マルハニチロ(株)に対し、
「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施
―最高ランクの格付取得―

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、マルハニチロ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:伊藤滋、以下「当社」という。)に対し、「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ BCM格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより、防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、水産商事・漁業養殖事業に加え、冷凍食品・加工食品事業等をグローバルに展開する総合食品企業です。グループガバナンスや危機管理体制の強化を進めた上で、安全・安心な「食」を安定的に提供すべく、高度な防災および事業継続対策に取り組んでいます。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)グループ共通のリスク管理規程類を整備すると共に、製品毎の最大許容停止時間を共有しながら全国に分散した生産拠点での複数生産体制を取ることにより、グループ全体での早期復旧体制を構築している点
(2)部署毎にリスク管理責任者・担当者を設置し、網羅的な危機事象に対する定量的分析、重要業務の選定、必要経営資源の工程毎の脆弱性分析、および継続的な改善を各部署に実施させた上で、結果を全社で共有することで、危機管理意識の向上を促進している点
(3)サプライチェーン上の関係先との間で原料・資材や製品の在庫量の情報共有を行うと共に、判明したボトルネックの解消に向けた対策を進めることで、サプライチェーンでのリスク低減に取り組んでいる点

 その結果、当社は平成27年度に取得した格付評価からランクアップし、「防災および事業継続への取り組みが特に優れている」という最高ランクの格付を取得しました。

 本件融資は、東日本大震災で多大な被害を受けた冷凍食品事業の基幹工場である石巻工場(宮城県石巻市)の移転・新設資金を対象としています。新工場は、環境対応や品質管理、フードディフェンスにおいて最新鋭の基幹工場となり、新たな地域雇用も創出するなど、震災以後の石巻市の産業復興に資するプロジェクトです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後も被災地域の復興や防災・事業継続に向けたお客様の取り組みを、積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   企業金融第3部 電話番号 03-3244-1990

ページ先頭

ページトップへ